So-net無料ブログ作成
検索選択
前の4件 | -

ブログ更新をサボっているわけではありません。 [雑感]

学会に行っている途中に親が死んだりして、大変な一週間を過ごしました。後からまとめて書きますのでご容赦ください。

仕事もいつ中断するかわからない状態です。

AKB48 49thシングル選抜総選挙 [AKB48グループ]

われらがまいちゃんは25,900票で34位でした。6位のジャンプアップです。目標のアンダーガールズ入りは成りませんでしたが、良かったと思います。6月25日にはお祝いを言いに行くつもりです。

さて、全体を見てみると、そんなに大きなサプライズは無かったかな、というのが正直なところです。しかし、いくつか私の予想を裏切ったことはありました。

ひとつはみーおんがアンダーガールズとなってしまったことです。下がる要因があったのか?となると難しいところです。票数も去年の4万7千から3万5千に減っています。このように減ったのは彼女だけではなく、実はAKB48の若手人気メンバーがかなり票数を減らしています。もっとも、その減らした代表格がまゆゆだったわけですが。

もうひとつはさりーの選抜入りです。昨年30位でしたから選抜に入れないことは無かったわけですが、それならばかおたん、みぃちゃん、こじまこ、かとれななどのほうがよほど選抜に近い位置にいたと思います。

おぎゆかの5位も意外と言えば意外でしたが、苦労人であること、握手人気が高いこと、SNSがとても面白いことなどを考えればかなりのところまで食い込むであろうということは何となく感じていました。

さて、今回はりりぽんの結婚宣言があり、これについてはスキャンダルが大きくなる前に予防策を取ったと考えればいちおう納得はいきます。もちろん本人が無傷というわけにはいかないのですが、あとは卒業してしまえばグループ全体へのダメージは最小限に抑えられます。それとも、何かあっと驚くような秘策でもあるのでしょうか? 今後も何か出てくるような気もします。

こういうことがあるたびに思うのは、恋愛禁止というのは無くしたほうがいいということです。私に賛同してくれる人がどのくらいいるのかわかりませんが、アイドルは疑似恋愛の対象ではなく応援の対象であると私は考えています。アイドルの応援はスポーツ選手の応援と同じものであり、スポーツ選手が結婚しているから応援しないというファンはいないでしょう。

一番いいのは文春がくだらないことを書かないことなのですが、メディアに良識を求めでも無理ですから、AKBグループが安定した運営を続けるためには恋愛可で良いと思うのです。

今回は総選挙イベントが雨で中止になるという前代未聞の珍事となったわけですが、そもそも大きい催し物を梅雨の時期に行うのはだいたいお金のない団体なのです。お金のある団体はもっと良い季節に行うものです。これは私が所属している医学系の学会もそうです。AKBグループが国民的アイドルを名乗っても、一般にはマイナーな団体です。ある程度やむを得ないことであるともいえます。

チームA 「M.T.に捧ぐ」公演 中西智代梨 生誕祭を観てきました [AKB48グループ]

やっと念願のA公演を観ることができました。しかも私がAKB48でイチ推しのちょり生誕祭です。

劇場に到着したのは17:00。チケットは026番でした。私の場合、どうも若いほうの番号はビンゴであとの方になる傾向があるので心配ではあったのですが。

ブルーを基調とした豪華なスタンド花です。

IMG_8695.jpg


今回のメンバーは以下のとおりです。

  • 入山杏奈
  • 大家志津香
  • 小嶋菜月
  • 佐々木優佳里
  • 田北香世子
  • 谷口めぐ
  • 中西智代梨
  • 樋渡結依
  • 宮崎美穂
  • 山田菜々美(8・A兼任)
  • 横山由依
  • 市川愛美(K)
  • 下口ひなな(K)
  • 達家真姫宝(B)
  • 岡田彩花(4)
  • 村山彩希(4)


Aの専任メンバーは全員出ています。しかしこれを見ると如何に人数が少ないかがわかります。加えてぱるる・なーにゃ・まーちゅんがいればワタシ的にはもっと豪華だったのですが。

それにしてもさすがチームA。全曲、まったくスキのないパフォーマンスでした。

  1. overture
  2. 始まる。
  3. Prime time
  4. 探してあげる
  5. ラベンダーフィールド
  6. リスケ
  7. 制服ビキニ
  8. She's gone 
  9. 夢でKiss me ! 
  10. 負け男
  11. 月と水鏡
  12. 門前仲町ダンス 
  13. 今夜、グロリアは誰に抱かれる? 
  14. コピー&ペースト 
  15. M.T.に捧ぐ
    En 1
  16. ショーは終わらない 
  17. ウィンクの銃弾 
  18. 涙はいつの日か
    En 2
  19. 願い事の持ち腐れ


ちよりはMCではいじられまくりです。いつものことといえばそのとおりなのですが、ちょっとかわいそうな気がしました。しかし最後の最後にサプライズでいずりなが現れて、書いた手紙を自ら読みました。これには私も思わずもらい泣きしてしまいました。

いずりながいなくなると、ちよりを支えるメンバーがさらに減ることになります。しかしその分バラエティー班としての役割は増えるわけで、考えようによってはチャンスともいえます。

機会があればまたAを観てみたいと思っています。

またwatchdog timeoutが起こった [コンピューター]

自宅サーバー(FreeBSD)で大量の大容量ファイル転送(10MB〜1GB程度のものを500個、同時に1ファイルのみ)を行っていたら、突然通信が途絶えました。NICが反応しなくなります。

これはいまのところ改善が難しいようです。

ファイル数を小分けにしてもだめっぽいです。



前の4件 | -