So-net無料ブログ作成
検索選択

ハロウィン・ナイト Type A 届きました [AKB48グループ]

 まずDVDを観ました。
 「ハロウィン・ナイト」はほぼ全編ディスコのシーンですが、踊っている人たちがみんな私ぐらいの年齢。そのセットの雰囲気や、歌詞に「タイムマシン」と出てくることからもわかるように、これはおそらく1980年前後のディスコの様子を歌ったものです。つまり、メンバーの親世代の青春時代。ちなみに私も子どもは上がさっしー・みぃちゃんと同年齢。下がはるっぴ・まいちゃんと同年齢です。だから、この雰囲気は私の世代にもよくわかるのです。実に巧みな作りです。
 おもわず笑ってしまうのはさっしーのアフロヘアではないでしょうか。昔のTV番組「Soul Train」にこういう人よくいましたよね。鶴瓶さんも若い頃こんな感じでした。

 この歌は英訳して米国のソウル歌手に歌ってもらうとかっこいいのではないかと感じました。もう亡くなってしまいましたが、Teena Marie なんかぴったりだと思います。あまり鮮明な動画ではありませんが、彼女の魅力がよく現れているものを載せておきます。

 https://www.youtube.com/watch?v=Z3PuHwGchDE

 カップリング曲の「さよならサーフボード」。これもいいですね。作曲者はハロウィン・ナイトと同じ井上ヨシマサ。MVも綺麗でした。
 まいちゃんに関しては普段のやわらかでおっとりしたイメージとはちがう、シャープな感じの美しさが出ていました。もうすこしカットの時間が長かったらよかったんですけどね。もっともはるっぴ以外はみんな短いカットでした。

 ところで今回はネクストガールズの「水の中の伝導率」が結構評判がよいことを知りました。MVもけいっち、じーななど美人揃いですから良さそうです。さっそく Type D を追加注文しました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0