So-net無料ブログ作成
検索選択

SEASIDE JAZZ FESTIVAL '16 を観てきました [音楽]

お台場に行く前にまず秋葉原に立ち寄り、らしんばんで買い物をしました。

2016101001.jpg


きょうは月曜なのでホコ天はなし。車は少ないのでやったらいいのにと思いますけれど。

2016101002.jpg


時間が余ったので新橋に行きました。私が「新橋にある大学に通っていました」と言うと「あんなところに大学があるんですか!?」と驚く人がけっこういます。サラリーマンの町として有名なので、大学があると思わない人が多いのでしょう。

2016101003.jpg


ゆりかもめに乗るために烏森口の東側に行くと「鉄道唱歌の碑」がありました。これを見たのは初めてです。汐留再開発のときにできたのでしょうか。

2016101004.jpg


ゆりかもめで青海に行きました。J地区が会場です。

2016101005.jpg


16:00開場とのことでしたが、しばらく待たされ、ゲートを入ってもまたさらに待たされました。かなりの人数で、最終的に4,000人ほどになったようです。冷たい風が吹いて、かなり寒く感じてきました。

客層はおそらく女性が8割以上。そんなにフュージョンが好きな人が多いのかな?と思いました。この理由はいま考えてもわかりません。いかにもジャズが好き、というような金持ちそうなおばさんが多くいたのは事実です。しかし今回演奏されるのはおばさん層が好む古典的なジャズとは違います。

17:00時少し前にFM放送でパーソナリティーをやっているらしい男女2人がMCを始めました。それはいいのですが、男性がこんなことを言い始めました。

「みなさんよくおいでくださいました。あれ?前のほうが空いてますね。せっかくですから、後ろの皆様、どうぞ前の方にいらしてください。」

前の方の席は「SS席」で18,000円。その後ろが「S席」で15,000円。一番後ろが「A席」で12,000円です。もちろんすべて指定席。客はそのような違いを納得してチケットを買っているはずです。ところがこのMCの発言につられて、後ろの客たちがどんどん前の方に座ってしまいました。食べ物を買うために席を外していたSS席の人が自分の席を取られていてしまいうろうろしているのも見えました。非常に問題だと思いましたが、このMCは脳天気なのか、何も考えていないふうに見えました。

さて、18時から演奏が始まりました。最初は前座の女性歌手と男性歌手が1曲ずつ歌いました。男性歌手のためにペンライトを持っていた女性客を発見。ジャズコンサートでなんとも奇妙な光景でした。

その次に Nathan East Band。1時間ほどの演奏で、途中1曲だけ Sumi Jo が歌いました。

それが終わると Sumi Jo がオーケストラをバックに歌い始めました。まずミュージカルの曲。それが何曲か続いたあと、クラシックの曲になりました。しかし私は最近はクラシックから全く遠ざかっているため、曲名はわかりませんでした。Sumi Jo はさすがにうまく、一流の歌声でした。

そのあと最後にやっと Fourplay です。今回は Chuck Loeb の代わりに Larry Carltonです。私は Fourplay の中では Harvey Mason と Bob James が好きですが、今回は Larry Carlton を堪能しました。やはり彼のギタープレイは流麗で、世界最高峰だと感じました。

終わる頃には体が冷え切ってしまったので私は足早に青海駅に向かいました。野外コンサートには寒すぎたと思います。春のたかみなラストコンサートも寒かったですが、それ以上の冷え込みでした。

明日はまた仕事です。東京から新幹線で帰りました。

2016101006.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。