So-net無料ブログ作成
検索選択

「あずみ 戦国編」を観てきました [AKB48グループ]

場所はZeppブルーシアター六本木でした。もちろん川栄李奈さん目的で行ったのですが、そのほか印象に残ったのは、早乙女友貴さん、小園凌央さん、星田英利さんでした。

構成・演出は岡村俊一さん。私と同世代です。これぐらいの年齢だと流石に「戦いは悪」のようなステレオタイプの思考をしません。

川栄李奈さんは芝居全体を通してバランスが取れていました。殺陣が上手という前評判で、実際そのとおりでした。しかし実は殺陣よりも台詞の語りかたに彼女の素晴らしさがありました。叙情的に話す場面から激しく叫ぶ場面まで、表情や声の使い分けが綺麗にできているのです。あたかもあずみが憑依したかのような演技はあまりに素晴らしく、声が出ませんでした。これはNHKの朝ドラのときも全く同じ。川栄さんであることを忘れて見入ってしまうのです。

殺陣のときに体の動きが抜群にきれいだったのは早乙女友貴さん。はじめに出てきたときはオカマさんかと思いましたが.... 上手なのは天性のものでしょう。

小園凌央さんは初めて見たのですが、この人もきわめて上手でした。秀頼役ですので初めはバカ殿的な役柄なのですが、実はとても醒めている人という設定で、バカ殿のように振る舞う自分と厳しい武士のように振る舞う自分のあいだで忙しく行き来する死の直前の様子を描ききっていました。テレビしか見ていない人は三流タレント的な目で見ている人も多いのかもしれませんが、演技の能力はものすごく高いものがあります。

星田英利さんは迫力のある演技で圧倒していました。お笑い出身の人は演技が上手な人が多いですが、そういう人たちの中でも図抜けています。今回のような荒々しい役はぴったりですが、もっと静かな感じの演劇も見てみたいと思いました。

今回は前から2番目という大変条件の良い席でした。舞台全体を見渡すにはちょっときついのですが、Zeppはそんなに大きい劇場ではないので助かりました。川栄さんがすぐ近くに来てくれることが多かったのですが、全身全霊で演技していることがよくわかりました。

川栄さんはおそらくAKBグループ出身で最初に女優として成功するでしょう。いまも女優をしている卒業生ははたくさんいますが、彼女ほどインパクトのある人はまだ出ていません。今後楽しみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0