So-net無料ブログ作成

マリー・アントワネット展に行ってきました

六本木の森アーツセンターギャラリーで行われています。

マリー・アントワネットはブルボン王朝ルイ16世の妃で、フランス最後の王妃です。日本で言えば、徳川家治(10代将軍)と徳川家斉(11代将軍)の中間ぐらいの世代です。

展示は絵画、ファッション、日用品に関するものでした。「とにかく混んでいる」というウワサを聞いていました。私達が行ったのは木曜の夕方だったわけですが、待ち時間は40分ほどでした。家族と行きましたので待つのが苦痛というほどのことは無かったのですが、いちばん大きな問題は中に入ってからの移動の遅さでした。

見学者は9割方が女性で、おばさん世代が中心。要するに「ベルサイユのばら」を知っている世代です。彼女らは一つの展示物をじーっと眺めてから移動するので、死ぬほど時間がかかるのでした。

2017021601.jpg

2017021602.jpg


森タワーからの眺めです。関東大震災クラスの地震が起きたらどうなるのでしょうか。

2017021603.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0