So-net無料ブログ作成

流鉄流山線に乗ってきました(近藤勇陣屋跡に行ってきました) [旅行・鉄道]

流山線を経営する会社は流山電鉄などと呼ばれた時期が長かったのですが、現在は流鉄といいます。

1916年に営業運転を開始しています。明治初期に当時の日本鉄道海岸線(現在の常磐線)が流山を通る計画でしたが、流山の人々は水運が衰退するとの理由で鉄道建設に反対しました。そのため流山は発展から取り残されてしまい、主に町民の出資で馬橋と流山を結ぶ軽便鉄道を建設することになりました。これが流山線のおこりです。

ただ、流山の住民が当初鉄道に反対したという説には異論もあり、海岸線が当初川口方面に伸びる予定だったのが、国から直接東京に乗り入れるよう命令されて流山を通らないことになったという話もあります。しかしつくばエクスプレスは流山を通りながら北千住に入っているわけですから、現代よりも障害物が少ない当時にできないことはないわけで、この反論は疑わしいといえます。

さて、さっそく馬橋から乗ることにします。2両編成の電車で、オレンジ色の「流星」です。

2017051401.jpg


乗り込んだときはこんな感じでした。

2017051402.jpg


次の幸谷で乗客が乗り込んできました。立ち客が出るほどではありませんでしたが。幸谷が新松戸との事実上の乗換駅になっているせいかも知れません。

途中小金城趾で上下の待ち合わせがありましたが、5駅5.7km、わずか12分で終点の流山に到着です。

駅前は小さな広場があるだけです。近くに市役所はありますが、商店街などは見当たりません。

2017051403.jpg


2017051404.jpg


駅から250mぐらいの地点、住宅地の中に近藤勇の陣屋跡がありました。特に建物などが残っているわけではありませんが、地元の歴史ボランティアのおじさんたちが立っていて、説明はいかがですかと声をかけてくれます。

2017051405.jpg


まあ、わざわざこのようなマイナーな場所に来る人はそれなりに勉強している人でしょうから、そこまでしてもらわなくても、とは思います。

流山駅に戻りました。説明の碑があることに気づきました。流鉄は総武流山電鉄と名乗っていた時期があります。

2017051406.jpg


ホームに入りました。誰もいません。これは「あかぎ」です。

2017051407.jpg


車庫に見えるのは「なの花」と「若葉」かもしれません。

2017051408.jpg


帰りに乗るのは「流馬」です。

2017051409.jpg


100周年の表示がありました。

2017051410.jpg


流鉄には伸延計画がありました。最終的には馬橋から千葉県の中山(市川市)へ、そして流山から野田、関宿、三和、小山へ、という予定だったそうです。昭和前半までは各地にこのような鉄道網の計画がありました。いすみ鉄道(木原線)と久留里線、小湊鉄道などはその代表格です。

こんにち流山にはつくばエクスプレスという東京直結鉄道ができています。流山の交通網はある程度目的を達したようにも見えますが、流鉄は地域の足としてまだまだ活躍できるように思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0