So-net無料ブログ作成
検索選択

小湊鐵道・いすみ鉄道に乗ってきました [旅行・鉄道]

まず内房線五井から小湊鐵道に乗ることにしました。

乗車券は改札外の自販機でも買えますが、跨線橋を渡ると小湊鐵道の友人切符売り場があり、ここでいろいろお得な切符を買うことができます。

これはホームに停車していた上総牛久行きです。ダイヤを見ると終点の上総中野行きの他に上総牛久行きが多数あります。

2017071301.jpg


車両基地がホームから見えます。

2017071302.jpg


ホームには沿線案内があります。上総鶴舞のところに「関東の駅百選」「ロケ地」とあります。

2017071303.jpg


上総中野行きが来ましたのでさっそく乗車してみました。キハ200系で、中央に排気管があります。一応冷房が入っていますが効きは良いとはいえません。

2017071307.jpg


乗務員のかたが日が当たる側のブラインドをしめてくれました。最近のJRの車両はUVカットガラス窓になっていますが、やはり暑く感じます。ブラインドがあるのは鉄道会社には手間隙かかるでしょうが、ありがたいものです。

2017071308.jpg


小湊鐵道は発射すると当初は町の中を進み、その後だんだん田舎の景色になっていきます。それでも上総牛久までは住宅団地などが目立ち、千葉・東京圏への通勤者が多いこともわかります。ちょうど常総線沿線のような感じかもしれません。

しかし上総牛久を出ると線路は山の中に入っていきます。その途中に上総鶴舞があります。

2017071310.jpg


いろいろな映像のロケ地に使われています。

今回は降りることができなかったので、機会があればまた来たいと思います。

列車はどんどん山の中に入っていき、木々も深く、急勾配の坂道を上がっていきます。これは養老川です。

2017071311.jpg


養老渓谷はそのような風景の中にありました。

2017071312.jpg


上総中野に着く前に車内改札がありました。私は上総中野行きの普通の乗車券を持っていたのですが、車掌さんから

「大原まで行かれますか? それならお得な切符がありますよ」

と言われ、このような記念乗車券に取り替えてくれました。

2017071313.jpg


さて、いよいよ終点の上総中野です。もともと小湊鐵道といすみ鉄道はまったく別物ですが、たまたまここが両者の交差点になるため乗り換えが可能なのです。

小湊鐵道・いすみ鉄道とも、もとは交通の便のよい内房から外房への連絡経路として計画されました。小湊鐵道はその名のとおり安房小湊まで通じるはずだったのです。また、いすみ鉄道は元の名の木原線からわかるとおり、木更津から大原まで行くはずだったのです。この木更津側が現在の久留里線です。これらの路線の建設が途中で止まっている状態なのです。

乗り換え時間はわずか2分でした。

2017071314.jpg


いすみ鉄道は1両です。

2017071315.jpg


さきほどの小湊鐵道に比べて車両が新しいのです。冷房もバッチリ、トイレもあります。

2017071316.jpg


国吉には人車鉄道の模型がありました。

2017071318.jpg


大多喜では高校生がかなり乗り込んできました。大原に近い側では利用者数はそれなりにあるようです。

無事房総半島を横断し、大原から帰りました。

2017071319.jpg


なお、今回の動画がこちらのページにありますので御覧ください

関連リンク

 小湊鐵道

 いすみ鉄道
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0