So-net無料ブログ作成

国技館に行かないようにしよう [雑感]

私は大相撲が大嫌いなので、以下は嫌いな人間の発言として読んでいただければ結構です。

今回の暴力騒ぎでは貴乃花親方は悪くないのに「貴乃花が悪い」という方向に理事長が話を持っていこうとしています。つまりは理事長とその取り巻きが非道な行いをしているのです。

こういう場合、相撲ファンは相撲を見に行かないことによってしか抗議するするしかありません。あるいは関連グッズを買わないなどです。ことばで抗議しても彼らには何の痛みもありません。

また、現在のような事態であるにも関わらず相撲を国技館に見に行く人は物事の基本的な判断ができない人たちと言われても仕方がありません。

相撲協会がどんなに非道いことをおこなっても満員御礼になるようなら、協会は
「観客が来てくれてるじゃん。俺たち悪くない証拠だよね。支持されてるよね。今まで通りでいいよね」
と考えてしまうでしょう。悪い人間には金を落とさないことによって意思表示することが重要です。

それから、相撲はスポーツだと思っている人は考えを改めるべきです。格闘技は公平を期すためすべて体重制です。相撲が体重制でないのは勝敗はどうでも良いからです。相撲は能や歌舞伎と同じく伝統芸能にすぎません。そうでなければ横綱が何十連勝もするということの説明がつきません。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント