So-net無料ブログ作成

pkg_cleanupでとんでもない目に [コンピューター]

FreeBSDにpkg_cleanupという便利なツールがあります。portsから入れられます。

これはリーフパッケージ(どこからも参照されていないパッケージ)を削除できるという機能があり、ディスクの節約にもなりますし、使ってみることにしました。

rootで実行するとパッケージの一覧が出るので、それを全部チェックして、繰り返し削除しました。

そのなかにapacheなんたらというのもあったので、一瞬あれっと思ったのですが、古いバージョンのapacheが残っていたのだろうと思い、気前よく削除しました。

で、自分のサーバーにあるサイトを見てみたところ、このような冷たいメッセージが....

スクリーンショット 2018-05-10 11.08.00.png


私が削除したapacheは、現在まで動いていたものだったのです。確かにapacheを参照するパッケージはないかも....

気づいたときには遅かったのです。

泣く泣く再インストール中です。それにしても時間のかかること( ; ; )


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント