So-net無料ブログ作成

AKB48「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」 劇場盤発売記念 大写真会に行ってきました [AKB48グループ]

また行ってきました。

今回は握手会・写真会に参加するときの、私なりの計画の立て方を交えて記してみます。

私自身、推しははっきり決まっているものの、DDの気もあるので気になるメンバーにはできるだけ会いたいと思っいます。

マストで会いたいメンバーは何と言っても渕上舞さん、そして中西智代梨さん。可能ならばできるだけ会いたいのが佐藤妃星さん、武田智加さんです。

ところが上記の4人に関しては、舞ちゃんは良いとしても他の3人は現状では部数が少ないので、効率よく回るのが難しいのです。
「1日ずっと会場にいればいいじゃん」
と思われるかもしれませんが、おじさんには少しきついです。

で、いつもやる方法としては、比較的早い時間(といっても3部頃から)と夜の時間とに分けています。参加している時間帯は集中的に回る、ということになります。

表は私が気になっているメンバー。今回は3部と4部、6部と7部に行くことにして、黄色でマークしているメンバーに会うことにしました。

スクリーンショット 2018-05-12 14.45.15.png


手持ちの券は
  佐藤妃星  3部 1枚
  中西智代梨 6部 1枚
  渕上舞   7部 1枚
で、ほかに当日券2枚、推し増し券1枚を持っていました。

表に記したメンバーはすべて当日券が使えます。

で、当日5月13日のパシフィコ横浜。

まず3部できぃちゃんとツーショット。きいちゃんはこの部のみですorz

IMG_3563.jpg


次に4部でかおりちゃんとじゅりのレーンを見たところ、かなり並んでいます。とくにかおりちゃんは過去の振り替えもあったせいか非常に混んでいました。どうしようかとウロウロしていたらめるちゃんのレーンが空いていたので、「ロレンス神父」に会いました。

IMG_3564.jpg


めるちゃんは初めてでしたが、のびのびと屈託のない感じが良かったです。そしてあとから写真を見てみると、ものすごく足が長く見えます。発表されている身長は163cmですが、実際にはもう少し高いかも知れません。しかしそれにしても長い....たぶんスタイルがいいのと、見せ方が上手なのでしょう。

そして、舞ちゃんのレーンも割と空いていたので行ってしまいました。

IMG_3565.jpg


ここでいったん外に出てしばし休憩。戻ってきて6部です。

じゅりのところは人は多かったですが、4部よりはすいており、受付の手前にはファンがいませんでした。実際会ってみたらスッキリした感じの人でした。もっとねちっこい感じかと思いましたが(テレビでの言動から)。はじめましてだからでしょうか。顔見知りになると接し方が違ってくるのかも知れません。

IMG_3566.jpg


昨日誕生日だったちよりです。もっとセクシーな服を着てくるかと思いましたが予想が外れました。かわいらしさと面白さはあいかわらずです。6部だけです。もっと部数が増えてくれるとありがたいのですが。

IMG_3569.jpg


舞ちゃんは7部で行くつもりだったのですが、疲れてきたので推し増しとして6部で写真を撮ってしまいました。私はチェキにはあまり興味が無いのでこれで良いのです。最近ホークスの仕事も増えている舞ちゃんです。

IMG_3570.jpg


当初の予定と違っていたのはかおりちゃんがめちゃ混みだったこと。ここをめるちゃんに変えた形になりました。また、もかちゃんも非常に混んでいました。

私が応援したいメンバーはある程度タイプが決まっています。まず性格が良いこと、そしてその割には人気がそんなに高くないことです。あまり人気が高いメンバーは「わざわざ自分が応援する必要はないなあ」と思ってしまうのです。例としてはなぁちゃんです。以前はよくなぁちゃんのところに行っていたのですが、最近の長蛇の列を見ると、わざわざ自分が行かなくてもいいや、と思ってしまうのです。

また、自分では気づかなかったのですが、声が良いメンバーが好きなのです。舞ちゃん、きぃちゃん、ちよりが当てはまります。

いつもこのような感じでイベントを楽しんでいます。

今日じゅりのレーンに並んでいたらこのようなものをくれました。選対の方だと思いますが。ところがこれを受け取った別の男性が
「いやあ、私はぱるる推しで」
と言っていました。よほど好きだったのでしょう。卒業してもファンというのは羨ましいことです。

IMG_3575.jpg



コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント