So-net無料ブログ作成

FreeBSD on Mac ? [コンピューター]

 いま自宅のPCが壊れてしまっているので、FreeBSDを動かせるマシンがありません。そのため、やむなくMacをサーバーにしています。
 MacであればFreeBSD上で動かせるサーバーはたいてい動きます。しかし、それらは微妙に設定が違ったり、FreeBSDであれば当たり前にあるようなサーバーが標準では用意されていないことがあったりします。そのため思わぬ部分で引っかかってしまい、サーバー構築に時間がかかります。
 PCを修理するなり購入するなりすれば済むことですが、費用がかかります。そこで、Mac上でPCエミュレーターソフトを動かして、FreeBSDを動かすという手段があります。
 しかし待てよ? BSD系OSの上でFreeBSDを動かす.... マシンパワーが無駄になってしまいますね。
 無銭家には悩ましいところです。

片頭痛と気圧 [雑感]

 天気が悪くなったとき、または悪くなる前に片頭痛の発作が起こりやすいといわれますが、毎日気圧計を見ていると、気圧が時間あたりに大きく変動するときに痛みが起こりやすいようです。
 ある人は、気圧が急激に上がるときと下がるとき、どちらも痛む、と言います。
 私の場合も気圧の変化は痛みの出現に関係しているようですが、具体的にはどのようなときに痛みやすいのか、まだはっきりしません。
 今後観察してみます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

製薬会社と調剤薬局は儲けすぎ [雑感]

 私は1月後半から片頭痛がひどいので、頭痛予防薬のほかに痛み止めを飲んでいます。
 片頭痛に対してはトリプタン製剤という専用の痛み止めがありますが、これが1錠何百円もするもので、非常に高価なのです。もちろん保険は効きますが、それにしても患者の負担は大きいものです。
 いわゆる医薬分業になって、医療費は1割以上上がりました。院外処方にした方が全体の点数が高いからです。
 私の場合、調剤薬局に支払う自己負担額は、医療機関に支払う額の8倍程度です。調剤薬局はそれだけの売上があるわけで、医者が国産車、薬剤師が外車に乗っている現実も納得がいきます。医者が院内処方で薬を出しても利益は出ませんが、薬局はそうではないのです。
 どう考えても医薬分業は薬剤師が儲けるためのものであり廃止すべき制度です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

FreeBSD 5.4 で Anthy + SCIM [コンピューター]

 これは私が以前に自分のサイトで掲載していたものです。このサイトは現在は閉鎖していますので、備忘のためここに移しました。内容は古いものですのでご了承ください。
オリジナル文書作成:2005年12月30日

 フリーのかな漢字変換システムの中でもっとも賢いといわれている Anthy を FreeBSD 5.4 にインストールした.フロントエンドプロセッサ SCIM と組み合わせた.

インストール

 ports から行った.

  # cd /usr/ports/japanese/scim-anthy
  # make install clean
  # cd /usr/ports/japanese/anthy
  # make install clean

~/.xinitrc の修正

 ~/.xinitrc において,exec gnome-session や exec wmaker がある行(つまり最後の行)よりも前に,以下を挿入する.

  export XMODIFIERS=@im=SCIM
  export GTK_IM_MODULE=scim
  echo '*inputMethod: SCIM' | xrdb -merge
  scim -d &

設定

 Ctrl + Space で ON/OFF ができる.ON になるとステータスウィンドウが出る.

scim.png

 Anthy の文字を右クリックして「SCIM設定」を選択すると,GUIの設定ユーティリティーが現れる.ここで設定できる.

使用感

 この文書は Anthy を利用して書いた.さすがに商用のものには劣るが,Canna よりはるかに使い勝手が良く,充分実用になるものである.ストレスもあまり感じない.フリーでこのようなすばらしいシステムが存在することはまことに驚きである.