So-net無料ブログ作成
検索選択

組み体操への懸念 [雑感]

 ドッジボールは暴力的で野蛮なので学校現場では行うべきではないという意見がSNSで広がり、話題を集めています。
 私は、もっと問題なものとして、組体操で人間ピラミッドのようなものを作ることを禁止することを提案します。
 労働安全衛生法では、高さ二メートル以上での作業について、以下のように定めています。長くなりますが引用します。
 「児童・生徒は労働者ではない」という人もいるでしょうが、熟練労働者が下記の規定は遵守しなければならないのです。組体操で骨折などが起こっていることを考えれば、のんきなことは言っていられないはずです。

(本文ここまで)

(以下は引用です)

(作業床の設置等)
第五百十八条 事業者は、高さが二メートル以上の箇所(作業床の端、開口部等を除く。)で作業を行なう場合において墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、足場を組み立てる等の方法により作業床を設けなければならない。
2 事業者は、前項の規定により作業床を設けることが困難なときは、防網を張り、労働者に安全帯を使用させる等墜落による労働者の危険を防止するための措置を講じなければならない。

(開口部等の囲い等)
第五百十九条 事業者は、高さが二メートル以上の作業床の端、開口部等で墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのある箇所には、囲い、手すり、覆(おお)い等(以下この条において「囲い等」という。)を設けなければならない。
2 事業者は、前項の規定により、囲い等を設けることが著しく困難なとき又は作業の必要上臨時に囲い等を取りはずすときは、防網を張り、労働者に安全帯を使用させる等墜落による労働者の危険を防止するための措置を講じなければならない。

(安全帯の使用)
第五百二十条 労働者は、第五百十八条第二項及び前条第二項の場合において、安全帯等の使用を命じられたときは、これを使用しなければならない。

(安全帯等の取付設備等)
第五百二十一条 事業者は、高さが二メートル以上の箇所で作業を行なう場合において、労働者に安全帯等を使用させるときは、安全帯等を安全に取り付けるための設備等を設けなければならない。
2 事業者は、労働者に安全帯等を使用させるときは、安全帯等及びその取付け設備等の異常の有無について、随時点検しなければならない。

(悪天候時の作業禁止)
第五百二十二条 事業者は、高さが二メートル以上の箇所で作業を行なう場合において、強風、大雨、大雪等の悪天候のため、当該作業の実施について危険が予想されるときは、当該作業に労働者を従事させてはならない。

(照度の保持)
第五百二十三条 事業者は、高さが二メートル以上の箇所で作業を行なうときは、当該作業を安全に行なうため必要な照度を保持しなければならない。

Windows7とNorton Internet Securityでインターネット接続不可

 下記の環境で、webやmailの接続ができなくなる現象がしばしば起こっていました。

 マシン:Dell Inspiron7720(Intel Core i5-3230M、メモリ8G)
 OS:Windows7 Home Premium Service Pack1
 セキュリティソフト:Norton Internet Security 21.7.0.11

 FirefoxおよびThunderbirdを立ち上げると、あたかもサーバーが存在しないかのような動作をします。しかしコントロールパネルでのネットの設定を見ると、正常に接続されているように表示されます。
 Norton Internet Securityの設定をデフォルトに戻すと正常に接続できるようになります。ですので、Nortonが関与していることは間違いありません。しかしそれが原因のすべてかどうかも判断はできません。