So-net無料ブログ作成
検索選択

FreeBSD 10.1 RELEASE のインストール [コンピューター]

まずインストール用DVDを作成します。私はMacで行いました。

ブラウザでhttp://www.jp.freebsd.org/mirror.htmlにアクセスします.

01.png


アクセスできないときは「ゲスト」を選びます。

02.png


本家公式配布物のなかのi386用のものをダウンロードします。ディレクトリは結構わかりにくいので、いろいろクリックして目的のものを探してください(無責任な書き方で申し訳ありません)。

DVDに丸ごと焼くのであればFreeBSD-10.1-RELEASE-i386-dvd1.isoをダウンロードします。これをiso形式でDVDに焼きます。私はmacを使っているので「ディスクユーティリティー」を使用しました。空のDVDをセットして、「ディスクを作成」をクリック。上記のisoファイルを選んでDVDを焼きます。しばらく時間がかかります。

03.png


インストール

私はWindows Vistaが入っていたCore2 Duoのマシンを使いました。

DVDをセットして、DVDから起動します。HDDから起動してしまう場合は起動オプションを変更しておきます。うまく起動できると最終的にこの表示が出ます。一番左を選んでリターンを押します。

04.jpg


Keymap Selectionが出ます。何語用のキーボードを使うかを選びます。

05.jpg


通常はJapanese 106で良いはずです。選択してSelectを指定します。

続いて出る画面でこの行を指定するとキーボードのテストができますが、不要でしょう。

06.jpg


Continue with jp.106.kbd keymapを選択すると、ホスト名を入れる画面が出ます。単にマシン名だけを入れてもいいですし(例:mymachine)、家庭内LANなどでプライベートなドメインを使っていればそれを含んだ名前にしてもかまいません(例:mymachine.myhome.net)。まあ、この辺は適当にわかりやすい名前を入れておきましょう。あとからでも変更はできます。

07.jpg


Distribution Select。私はportsとsrcは必要ですが、docとgameは要らないかな、という感じ。あとからでも入れられます。

08.jpg


ディスクのパーティションを分けます。ここではAutoにしました。通常はこれで問題は少ないはずです。実際にOSのインストールが始まってしまうともちろんやり直しは効きません(中身を全部消すのであればやり直せますが)。

09.jpg


ディスク全部をFreeBSDのために使いますか?という確認。私はそのつもりなのでEntire Diskを選びました。

10.jpg


ディスクの中身は消えますがいいですか?という確認。

11.jpg


このようになります。この時点ではModifyでやり直しが効きます。問題ないのでFinishとします。

13.jpg


確認の画面。問題なければCommit。

14.jpg


ディスクの初期化が始まります。

15.jpg


続いてチェックサム確認とインストールが行われます。

16.jpg


17.jpg


ルートのパスワードを設定します。

18.jpg


19.jpg


ネットワークインターフェースを設定します。イーサネットカードなどが複数ある場合は一つを指定します。

20.jpg


IPv4でアドレスを指定するかどうか。現状はそれでかまわないでしょう。

21.jpg


アドレスをDHCPで指定するかどうか。サーバーとして利用しますのでNOとします。

22.jpg


固定プライベートアドレスを割り振ります。この辺はIPアドレスの知識が必要です。

23.jpg


IPv6でのアドレスは指定しません。

24.jpg


リゾルバ(/etc/resolv.conf)の設定。ローカルドメインがあればSearchに記述。DNSはプロバイダのものを利用するのであればそれを記述。

25.jpg


時刻を協定世界時にするか。通常はNOでしょう。

26.jpg


Asiaを選びます。

27.jpg


Japanを選びます。

28.jpg


確認の画面です。

29.jpg


必要なサービスを選びます。sshd、ntpd、powerd、dumpdevは普通は必要でしょう。

30.jpg


一般ユーザーを作ります。

31.JPG


Full name なくともかまいません(入力しないとき、またはデフォルトで良いときはリターンを押します)。
Uid デフォルトでOK。
Login group 管理者(root)になれるユーザーとするにはここをwheelにしてください。
Login call デフォルトで良い。
Shell 初心者はとりあえずshでよいと思います。これの進化形ならbash。Cシェルが好きな人はcshかtcsh。
Home directory、Home directory permissions デフォルトで良い。
Use password-based authentication? パスワードを使いますか?ということですが、通常はyes。noでも運用はできますが、サーバーとして使用することを考えれば可能な限りパスワードは使うべきです。
Use an empty password? パスワードを使うなら当然no。
Use an random password? これは好みですが自分で決める人が多いでしょう。
Enter password 自分のパスワードを入れます。類推しにくく長いものを。2回入れます。
そのあとは入力した内容の確認です。

32.JPG


ほかに何か入れるものがあれば設定しますが、このあたりはあとからでも可能ですので、Exitでかまいません。

33.JPG


インストールを終える前にシェルから設定を行えますよ、という表示。

34.JPG


yesにするとこんなのが出ますがExitと入力。

35.JPG


Rebootします。Rebootしている間にDVDを取り出しておきます。

36.JPG


開始画面が出ます。

ここまで出たらIDとパスワードを入れてログインします。

電源を切るには一般ユーザーでログインしたあと su - と入力し、管理者パスワードを入れてrootとなったあと、shutdown -p now と入力します。