So-net無料ブログ作成
検索選択

小野小町の墓に行ってきました [旅行・鉄道]

今回は珍しくB級スポットです。あらかじめお断りしておきますが、墓までたどり着けませんでした。途中の道が通れなくなっていたのです。

場所は茨城県土浦市小野です。「小町の館」という土浦市の施設がありますので、ここまで自動車で行きます。土浦市のホームページに情報があります。全体像はこんな感じです。

2017010301.jpg


ただし、墓はこの施設内にあるわけではありません。看板によると、道路を西の方に少し歩くようです。墓の近くには駐車できるスペースはありませんので、小町の里の駐車場に車は停めておく必要があります。

2017010302.jpg


歩いて100mぐらい行くと、右の細い道に入るよう表示があります。このまま進んでいくと民家に入ってしまいそうですが、これで間違いではありません。

2017010303.jpg


民家に入る直前で左の細い道に入ります。

2017010304.jpg


こんな感じで進んでいきます。

2017010305.jpg


あれ? 戸のようなものが横向きに置いてあって通れません。ここから奥を見ると細い石段が見えますが、しかしこの先はどうも民家の庭のようです。つまり、民家の敷地を通っていかないと墓にはたどり着けないのです。仕方がないのであきらめて引き返しました。

2017010306.jpg


小野小町の墓はほかにもいくつもあり、どれが本物かはわかっていないそうです。そもそも架空の人物ではないかという説もあるようです。はっきりとした文献は残っていないのでしょう。なにしろ9世紀の人ですから。

ほかにこの辺の名所としては東城寺があります。それから、いまは跡形もなくなってしまったそうですが、私が子どもの頃にはゆう・もあ村が知られていました。小学生の時に行ったことがありますが、つまらないところだったという感想しかありません。つぶれたあとしばらくは廃墟マニアに有名でした。2000年頃まで営業していたようですが、詳しいことはわかりません。