So-net無料ブログ作成

16期研究生「レッツゴー研究生!」公演を観てきました [AKB48グループ]

秋葉原にて夜公演を観ました。

出演メンバーは以下のとおりです。

  • 浅井七海
  • 稲垣香織
  • 黒須遥香
  • 佐藤美波
  • 鈴木くるみ
  • 田口愛佳
  • 田屋美咲
  • 長友彩海
  • 前田彩佳
  • 道枝咲
  • 武藤小麟
  • 安田叶
  • 山内瑞葵
  • 山根涼羽


セットリストは以下のとおりです。村山彩希さんプロデュースですから、おそらくかなりの部分は彼女が決めたのでしょう。アップテンポで力強い曲が多く入っています。メンバーの体力はかなり消耗するはずです。

  1. 快速と動体視力
  2. みなさんもご一緒に
  3. 憧れのポップスター
  4. その汗は嘘をつかない
  5. 完璧ぐ~のね(ユニット)
  6. クロス(ユニット)
  7. 愛の色(ユニット)
  8. 右足エビデンス(ソロ)
  9. わがままな流れ星(ユニット)
  10. 孤独なランナー
  11. ひと夏の反抗期
  12. ずっとずっと
  13. High school days
    EN
  14. レッツゴー研究生!
  15. チーム坂
  16. 家出の夜


このなかで、「右足エビデンス」は意表を突いた選曲でした。しかし山内さんのダンスは完璧だったので、人選は成功でしょう。公演のアクセントになっていました。

メディアでは16人に満たない人数であることが話題になっていました。私は梅本和泉さんが気になっていたので、ちょっと残念でした。

しかしながら公演の出来はほぼ完璧。高橋チーム4のような勢いの良さがあり、1曲1曲が観る者を引き込んでいきます。

私にとって舞台で目立ったのは次の3人です。

武藤小麟さん
この人はすごいですよ。全力ダンスで力強い。空手をやっていることも影響しているかもしれませんが、観ていて本当に気持ち良い。姉のおこぼれで人気が出るほど甘い世界ではありませんので総選挙55位は実力の結果と確信しました。

道枝咲さん
雰囲気がとても良い。うまく説明できませんが、なぜか目に飛び込んできました。良い意味で軽やかな感じ。まだ13歳です。16期では髪が一番長いメンバー。AKB48全体でもそうかもしれません。

田口愛佳さん
メディアでの評判どおり優秀です。美しくて頭が良さそうなルックスな上に、表情の作り方がものすごくうまい。大雑把に言うとまゆゆとじゅりを足して2で割ったような感じ。彼女はNGT48とHKT48に書類落ちしたそうですが、その時の写真が悪かったのかな? いまのルックスの写真だったら私なら書類を通すと思います。

その他のメンバーも誰一人ハズレはいませんでした。私は2014年からのグループのファンでまだ新参者ですが、この公演は劇場公演の原点に戻った感じがしました。グループの将来は安泰でしょう。

2017073011.jpg


茂原に行ってきました [旅行・鉄道]

用事があったため茂原に行ってきました。急ぐ必要はなかったので、東京から京葉線経由、上総一ノ宮行きの普通列車で行きました。

茂原駅のホームから見た南口広場です。

2017073001.jpg


駅前には吹き流しがありました。茂原は七夕まつりだったのです。

2017073002.jpg


南口をバス停から見たところです。

2017073003.jpg


駅前のロータリーから見たところです。写真には写っていませんが右手に駅があります。駅を背にして右に左折した通りでお祭りをやっていました。

2017073004.jpg


2017073005.jpg


飾りは地元の中学・高校が作ったものがありました。

2017073006.jpg


今回の用事の目的地まではタクシーを使いましたが、交通規制があるため遠回りとなってしまいました。

2017073008.jpg


無事用事を終わらせ、帰りは特急わかしおを使いました。

2017073009.jpg



医療情報ネットワークの運用講習会に行ってきました [コンピューター]

現在、各地に医療専門職の情報ネットワークがあります。使用目的としては医療機関同士で患者さんの情報をやり取りしたり(これがメイン)、専門職同士の結びつきを深めたり(これはサブ)といったものです。医療専門職用の多機能SNSと思ってくださればイメージしやすいと思います。なお、インターフェースはwebベースです。

たとえば自分が専門病院に患者さんを紹介して、そこで検査をしてもらいます。紹介した側では先方からの返事を待つこと無く画像や検査数値などの情報を直接見ることができます。もちろんその後の意見交換も可能です。

2017072801.jpg


このように便利なものですが、いくつか心配な点もあります。

現在は無料だが将来は有料になるのではないか
この世の中、無料というものはありません。サーバーを持っていればその維持の大変さが実感できますが、ネットワークサーバーは接続できて当たり前。ハード・ソフト両面に渡って切れ目なくサービスができるようにするためには人手も時間もお金もかかります。いつまでも無料という訳にはいかないでしょう。サーバーの運用者は営利企業ですから、相手が医者となると高い料金を吹っかけてくる恐れもあります。これは医者あるあるです。

もっと単純にやり取りできるのではないか
運用側は専用のシステムを使うことによる通信の安全性を強調しますが、webやメールなどで普通に通信を暗号化してやり取りすれば良いわけで、ここまで仰々しいものが必要かどうか。

法的に不便
法律は現実よりも遅れています。このようなシステムがあっても紙の紹介状は必要なのです。それが患者さんを紹介したという証拠になり、診療情報提供料250点が請求できるのです。また、患者さんを1人紹介するごとに患者さんから個人情報使用同意書を貰わなければなりません。これはあくまで2つの医療機関AとBの間でのやり取りに関する同意であり、さらに医療機関Bから患者さんを医療機関Cに紹介するときはそこでまた個人情報同意書をもらわなければなりません。また、患者さんの同意書は相手の病院にFAXするか、コピーを郵送しなければなりません。

互換性がない
実は栃木県は患者さんのデータをやり取りするネットワークの運用者が2社あります。医療機関はいずれかのネットワークを使用するのですが、基本的にデータの互換性がないのです(出た!コンピューターあるある)。講師の方は地元の市民病院が入っている方をとりあえず登録してくださいと言っていましたけど、こういうのは全国統一で行ってもらわないと困ります。全国統一終わっとらんけん!!!! 


マスメディアの世論誘導がひどすぎる [雑感]

今も昔もそうですが、マスメディアの報道の内容は非常に偏っています。

現在起こっていることで言えば加計学園の問題。

こんなのは大きな問題ではありません。政治家が仲のいい友達に便宜を図るのは古今東西よくあること。政治の仕事をきちんとやってくれればそれでいいのです。

加計学園よりも中国・ロシア・南北朝鮮の日本への領海領空侵犯や毎週のミサイル発射のほうがよほど問題ではないでしょうか。野党は政府の目を逸らさせるため些細なことで大騒ぎをしています。

で、アホな国民がそれを信じて自民党候補が市長選に落選する。

いま、あれほどニュースでやっていた高齢者の運転事故のことがほとんど報道されていません。

国が法律を変えさせるためにメディア操作を行って国民に高齢者事故が多いという印象を与えていたのです。

年々高齢運転者による死亡事故は減っていたのですから、明らかに不自然なことでした。警察の統計で減っているということが公開されていましたから。

法律が変わったら報道はぱたっと止みました。

加計学園が終わったらマスメディアは医療機関を叩くでしょう。医療費抑制のために医療機関にとって厳しい法令の改正を予定しているためです。

そのひとつに専門医制度があります。一般にはあまり知られていませんが、現在専門医は民間の資格です。それぞれの学会が試験などを行っているのです。

それを、国は機構認定医という国主導の専門医制度にしようとしています。

国主導にして、アメリカのように専門医を定員制にするのが究極の目的です。

レベルアップのためと言えば聞こえはいいですが、要は専門医にかかれる患者を減らすのが目的です。

学会側は必死で抵抗していますが、どうなることか。

日本はアメリカと比べたら医療費は激安。

アメリカでは正常分娩は12時間の入院で100万円。

虫垂炎の手術は24時間の入院で300万円。

未熟児が生まれて保育器を使ったら億単位の請求が来ます。

医療保険は民間なのでたとえば年間30万円程度の保険料(色々なコースあり)。しかし高額な医療保険に入っても、保険会社はなんだかんだと理屈をつけて支払いを拒否しようとします。

アメリカでは日本のような医療はごく一部のセレブのためのものです。

医療のアメリカ化は避けたいところです。

米国での医療を実体験した同級生の大木君のページです

報道があること一色になったら、何らかの意図を疑うべきです。

そのときに報道されていないことにも注意を払う必要があります。


追記:
北朝鮮が奥尻島沖にICBMをぶっ放しました。次は本土に来るかも知れません。本当に野党はバカです。いや、バカというより裏切り者かな。