So-net無料ブログ作成

NMB48 3rdアルバム「難波愛~今、思うこと~」【個別握手会】に行ってきました [AKB48グループ]

今回は5部のなぎちゃん、6部のれーちゃんと会ってきました。

なぎちゃんは良く言えばほんわか、悪く言えばぼーっとしている感じ。馴染みになるとまた違うのかもしれませんが、おそらく本能的にアイドルができて本能的にギャグが繰り出せる人なのでしょう。NMB48学園モンスターエンジン組での西森洋一さんとの掛け合いは毎回爆笑ものです。

れーちゃんは素直な感じ。経験を積んでくるとお姉さんと同じようになっていく気がします。レーンにはほとんど人が並んでいないのですが、見ていると同じ人たちが何度も何度もループして人が途切れないように配慮しているようです。熱いファンが多いのかなと思いました。

合間に同じ幕張メッセ内でやっていた「冬スポ!!WINTER SPORTS FESTA Season17」を見に行きました。スキーやスノーボード用品の販売でした。18時で終了でしたので余り見られませんでしたが、興味深い内容でした。

IMG_1060.jpg


IMG_1059.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

手拍手とペンライトとインカム [音楽]

アイドルのコンサートに参加するときはペンライトを使うことが普通です。なぜペンライトかというと、華やかな感じが演出できるということの他に、演奏者がばらばらな手拍子を聞かなくて済むという音響学上の大きなメリットがあるからです。

人が一定のリズムで演奏して(または歌って)いるときに観客が少しずれたリズムを発すると、演奏者はリズムを取ることが難しくなります。カラオケで歌っている時にずれた手拍子やマラカスなどに惑わされた経験がある人がいると思います。これは人の脳の性質なのでどうしようもないのです。しかしペンライトならば音は出ませんから、演奏者は安心してパフォーマンスをすることができます。

もちろん曲によっては観客が手拍子やmixを行う場合もありますので、完全に演奏者が妨害を受けなくて済むわけではありませんが。このような場合の手拍子やmixはできるだけ正確なリズムで行いたいものです。

大きなコンサートホールになると事態はもっと深刻です。観客の手拍子がずれていなくても演奏者にはその音が遅延して届きますので、さらに演奏が妨害されやすくなります。やはり手拍子を打つよりペンライトの使用が望ましいのです。

ところで、ポピュラー音楽のコンサートでは演奏者がインカム(マイクとイヤホン)をつけるのが当たり前になっています。これは演奏者が自身の演奏音をモニターする目的もありますが、音の遅延の問題を解消するためでもあります。

通常、演奏の音はメインの舞台近くにある一組のスピーカーから流れてきます。演奏者が舞台から離れて演奏する場合、舞台近くのスピーカーから出る音を聞いて演奏していたのでは音の到達に時間がかかり演奏が遅延してしまいます。そのためインカムに音を電波で送ってもらって演奏したほうが、音の遅延がずっと少なくて済むのです。

コンサートのライブ映像「HKT48春のライブツアー〜サシコ・ド・ソレイユ2016〜」のなかで、メンバーが「しぇからしか! 」を歌いながら客席に入っていく場面では、メンバーの生声が伴奏よりも先に聞こえてきます。もしインカムなしだとかなりの遅延が生じてしまうことがわかります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

渋谷凛とアル・ディ・メオラ [音楽]

先日、2枚のCDが届きました。



「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 001 渋谷凛」。残念ながらちょっと期待はずれでした。

Blu-rayでライブを見たときはものすごく良かったんですよ。伸びやかな声で「表現力のある人だな」と。それにルックスがとてもかっこいいのです。

おそらくそんなに器用に発声できる人ではないんでしょうね。そういう点では北条加蓮が完璧。というか北条加蓮がうますぎるのです。

でも渋谷凛はカリスマ性がありそうな感じ。この人がいなければ、という印象。

いっぽう橘ありすは独特の世界観を作っています。

ま、三者三様ということで。



アル・ディ・メオラの「Land of the Midnight Sun」も届きました。

ディメオラ22歳の作品ですが、当時私も衝撃を受けました。はじめは「速弾きが凄い!」と思ったのですが、音楽の価値は早く弾けるかどうかがあまり関係ないことは常識。トレーニングすれば誰でもできるのですから。そんなことよりも究極には表現力なのです。ディメオラは作曲でも演奏でもその才能を遺憾なく発揮しています。

ベース、ドラムスに超一流のミュージシャンが集結しています。1曲目のドラムスはいかにもガッドという感じですし、5曲目のベースは誰が聞いてもジャコだとすぐわかります。

この時点でディメオラのスタイルは確立したと言って良いでしょう。記念碑的なアルバムです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ディズニーリゾートラインと東葉高速鉄道に乗ってきました [旅行・鉄道]

幕張に行く前にディズニーリゾートラインに乗りました。

わずか5kmの環状線ですが立派な第一種鉄道事業者です。経営会社は舞浜リゾートラインでオリエンタルランドの子会社です。儲かってそうですがまだ赤字なのだそうです。

リゾートゲートウェイ・ステーションから乗って一周しました。

IMG_1025.jpg


運転手はおらず自動運転です。車掌が乗ってドア操作をしています。

IMG_1027.jpg


ぐるりと一周します。意外と景色が良いのです。

IMG_1031.jpg


IMG_1032.jpg


IMG_1033.jpg


IMG_1034.jpg


IMG_1036.jpg


京葉線の線路が見えてきて一周となります。

車両は10系。京成が保守点検を行っています。

IMG_1040.jpg


このあと西船橋に行き、東葉高速鉄道に乗りました。

車両は東西線から来ます。この路線ができる前は東西線は総武線に乗り入れていましたが、現在は主に東葉高速鉄道に入ります。東葉勝田台が終点です。ここから京成本線に乗り換えることができます。

IMG_1046.jpg


東葉高速鉄道の性格としては京成のバイパスということになります。当初は営団(現在の東京メトロ)が経営する予定でしたが、営団が申請を取り下げ、京成も当時経営が思わしくなかったため第三セクターとなったのです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

勝浦宇宙通信所に行ってきました [無線]

JAXA勝浦宇宙通信所は人工衛星の追跡と管制を行う施設です。展示施設が設けられており、無料で入場することができます。勝浦市中心部から車で山の中に入っていって20分弱です。途中に国際武道大の野球場があって驚きましたが。

細い道を登っていくとあります。道はまあまあ分かりやすかったです。

IMG_0977.jpg


4基のパラボラアンテナがあります。この場所からすべてを見ることはできません。

IMG_0978.jpg


私が興味があったのはやはり無線機です。ただしここに展示されているのは今は使われなくなった旧式のものです。ここにある無線機の制御にはPC9801が使われていました。

IMG_0972.jpg


IMG_0971.jpg


人工衛星の姿勢や軌道の管理を行っています。

IMG_0968.jpg


人工衛星の制御はエンジンによるもののほかに色々な種類があるようです。燃料がなくなってしまったら制御はできないのかと思っていましたが、そうではないのでした。

見学施設の規模は小さいですが、宇宙工学に興味がある人は行ってみると良いと思います。全体的に満足できる内容でしたが、私としては無線機の中身を見てみたかったです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Windows10にはデスクトップのフォントの大きさを変える仕組みがない? [コンピューター]

まさかと思いました。しかし本当にないらしいのです。

視力が悪い人がいくらでもコンピューターを使う時代に何を考えているんだか....


MacならFinderの表示メニューから「表示オプションを表示」で簡単に設定できます。

2017111800.png


Win10も最初の頃はその機能があったらしいのです。

で、現在どうするかというと「Meiryo UIも大っきらい!!」などのフリーソフトを使うのだそうです。

上記のソフトをダウンロードして展開すると「noMeiryoUI.exe」というファイルがあるので実行します。

2017111801.png


フォルダのリスト表示を大きくするのであれば「アイコン」のところを設定します。

2017111802.png


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ネットワークカメラを購入しましたが無線で繋がらないのを解決しました。 [コンピューター]

東海テレコムのネットワークカメラTTC-IP003を購入しました。

IMG_0867 2.jpg


説明書通りに設定したところ、カメラをLANケーブルでルーターに接続した場合は問題なく映像が再生できました。モニタ側はWindows10とiPhone6です。

ところが無線で接続しようとすると機器が見当たらない旨のメッセージがPCとiPhoneに出ます。ルーターを見てもアドレスが割り当てられていません。

これを解決する方法は、設定に使うスマホを2.4GHzで通信させることでした。Wi-Fiの設定でa規格でない電波を使用するように設定します。カメラは5GHzの電波に対応していないのです。

そのほか、カメラを設定するうえでの注意点を幾つか挙げます。

説明書は一枚の紙になっているものではなく冊子になっているものを使用します。

IMG_0934.jpg


説明書の内容は実際のものと異なっている部分があります。とくに図はそうです。

登録画面でメールアドレスを入れろと書いてありますが、実際に入れると「英数で」と弾かれます。アットマークなどが入ってはダメなようです。自分で考えたIDを入れれば良いようです。

途中カメラが喋るまでリセットボタンを長押しするよう指示されますが、長押ししてもカメラは喋りません。何秒か押せばそれで良いようです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

煩雑な仕事を拒否する役人 [仕事]

この記事は医療関係者向きであることをお断りしておきます。

私の診療所と某市役所との間でトラブルになったことがありました。

問題の患者さんをAさんとしましょう。Aさんは当初国保でしたが、事情があって生保となりました。ある年の4月に生保の手続きが行われ、うちにはその月まで受診していました。しかし生保は3月に遡って適用になりました。

私の診療所は生活保護指定医療機関ではないので生保の取り扱いができません。4月の医療費は全額自己負担で支払っていただきましたが、3月分に関してはレセプト請求ができないので本人と国保との間で手続きをしてもらうということになるのです。

ところが、市役所が当院に
「3月分の返戻を受けてくれ」
と言ってきたのです。要するに保険分はタダで診療したことにしろ、ということです。結構な金額になります。

医療機関は患者さんの保険証を確認することによって保険の有無を判断しますので、そのような主張はおかしいのです。市役所としては正当な処理をすると事務手続きが煩雑になるので、そのようなゴリ押しを医療機関に押し付けてきたのです。なお、「処理が煩雑になるから」というのは市役所職員が実際に発した言葉であり、私の推測ではありません。

うちの事務員は当然のことながら
「返戻は受けられません」
と返事をしました。そうしたら市役所の職員は
「自立支援から全額出るのだから、それでいいでしょう」
と言うのです。この患者さんは自立支援医療が適用になっていました。

確かに法令上は可能です。しかしそれは法の抜け穴であって、生活保護患者さんの診療は生活保護指定医療機関が行うことになっています。そのための指定医療機関制度です。

Aさんの自立支援は精神科通院医療のものですから、もしうちで生活保護のAさんに風邪薬など向精神薬以外のものを処方した場合、それこそおかしなことになります。

ゴリ押しが通らないと思った市は県に泣きついたらしく、県からこちらに電話がかかってきました。どうも市役所は自分の都合の良い情報だけを抜き出して県に相談したらしく、うちの事務員が事細かに説明すると納得はしてくれました。

それにしても役人が「処理が煩雑になるから」とは何という言い草でしょう。仕事とはそもそも煩雑なものです。「オレはこんな仕事イヤだよー」などと言っていたら何もできません。クビになる心配がないからこのような暴言が吐けるのでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「天才か人災か 泉谷しげるアート展 ART OF LIVE」 に行ってきました [雑感]

松坂屋上野店で行われていました。

10時台に入ったのですいており幸運でした。泉谷しげる自身が「写真撮り放題」と言っていたので撮りってきました。

絵の迫力は天下一品です。そういえば昔は漫画も描いていましたね。

IMG_0883.jpg


壁の向こうで声がするので行ってみたら何と本人がいました。これもなかなかの迫力。本人はマイクテストをしていたようですが、客が集まってしまったため歌を歌ったりプロデューサーの人とトークをしたりしていました。

「ここ出たらグッズ売り場があるから何か買って帰れよコノヤロー!!」

IMG_0893.jpg


ギターの展示もありました。ギブソンです。ほかにペイントされたギターの展示も。

IMG_0899.jpg


かなりの大作です。

IMG_0901.jpg


ざっと絵を見た印象ですが、とても素直な感じがしました。泉谷しげる自身、裏表のなさそうな感じです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

相鉄に完乗しました [旅行・鉄道]

握手会の合間に相鉄に乗りに行きました。二俣川ー湘南台間が未乗でした。

乗ったのは9000系の特急でした。

IMG_0800.jpg


セミクロスシートがついていたとは知りませんでした。JRでは中距離電車のセミクロスシート車は大変少なくなりましたが、相鉄では逆に採用されたわけです。

IMG_0814.jpg


こちらは従来のロングシート。

IMG_0816.jpg


湘南台まで行って往復しました。

IMG_0812.jpg


帰りも特急でした。

IMG_0817.jpg


横浜と湘南台を短時間で結ぶ相鉄はきわめて重要な役割を果たしていると感じました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー