So-net無料ブログ作成

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『三文オペラ』を観てきました [AKB48グループ]

今回は私が「三文オペラ」そのものを知らない、さらに出演者もほとんど知らない人たちなので、自分自身がどのような印象を持つかまったく予想できませんでした。今もまだ整理がつかない感があります。

IMG_1950.jpg


まずキャストから。

松岡充

この人は知りません。ロックをやっていたそうですが....ただ、MBSヤングタウンに出ていたとのことで、トークの才能があることは間違いなさそうです。演技は普通に上手だったです。なお、奥さんは黒澤明の孫だとのこと。

吉本実憂

この人も知りません。北九州出身。1996年生まれですからまいちゃん・なっちゃんやもぎちゃんと同年齢ですね。やはり演技は上手でした。

峯岸みなみ

みぃちゃんが出演するので今回は観に行ったわけですが、芝居が進んでもなかなか出てこない。後半になってやっと登場です。音楽劇なので歌も歌っていましたが、それよりも泣いたり絶叫したりするシーンではるかに迫力がありました。「絢爛とか爛漫とか」の島田晴香もすごかったですけど、みぃちゃんのほうが上でした。

貴城けい

この人も知りません。もと宙組の人。流石に歌は上手かったです。小学生の時にテニスで全国4位とのこと。

村岡希美

まったくわからないです。ナイロン100%の人か....犬山イヌコがいるところですね。「ミューズの鏡」に出ていたらしいですが、その頃私はまだAKB48のファンではありませんでした。

高橋和也

わかりません。一緒に行った家内がぼそっと
「ジャニーズの人」
と言っていました。

白井晃

もうお手上げです。勘弁してください。ぜんっぜん知りません。KAAT神奈川芸術劇場の芸術監督だということだけ記しておきます。

で、肝心の演劇について。

音楽はwoodsなどを含むロック編成のバンドでした。聞いているとコード進行はミュージカルによくある、次々に転調していってあまりトーナリティーのない感じのものでした。これはオリジナルのものをロックバンドに置き換えただけのものなのか?と思って調べてみたら、やはりそうでした。オリジナルのものと聴き比べてみましたが、ロックバンドにしたからといって特に違和感はありませんでした。

出演者の演技はみな一様に上手かったので、これも問題なしです。

物語について。これは大筋はわかりましたが、細かい枝葉の部分は私の知識不足で理解できないところが多くありました。むしろこういう枝葉の部分が結構重要だったりしますので、十分な理解をするためには繰り返して見る必要があると思いました。私が以前見た「あずみ」なんかは予備知識無しでも分かりやすかったですけど。

で、その大筋ですが、内容的には乞食の話で、結局「権力が悪い」「金持ちが悪い」のようなものなのです。乞食は一般民衆を表しているのでしょう。確かに何十年も前だったら「権力は悪」のような考え方が通用したと思いますが、現代は「権力があるからこそ国民が犯罪者や他国の侵略を気にせず安心して暮らせる」「金持ちがいるからこそ文化が守られる」という考えの時代ですから、「三文オペラ」の主題はあまり説得力を持ちません。他の古典的な芸術にも言えることですが、この辺が残念なところです。

現代の日本では戦後の財閥解体やGHQの税制改悪によって大金持ちがいなくなり、個人が文化を保護することが難しくなりました。タニマチやパトロンの消失です。結局幅広く資金を募るしか方法がなくなりました。伝統芸能は少しはましかも知れませんが、新劇やポピュラー音楽などは当事者たちがまだまだ苦しいのが現状でしょう。アイドルの安月給などはなんとかしてほしいものです。

今回は「P席」というものがあり、安く観ることができます。ただしこれは演技に参加してもらうことが条件。乞食の集団としてパフォーマンスを行うものです。早く着いたら当事者たちが練習をしていました。

IMG_1952.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Mac OSのアップデートで再起動が繰り返される件 [コンピューター]

Macにセキュリティアップデート2018-001の通知が来たのでインストールしてみたらさあ大変!!! マシンが再起動を繰り返してまったく使えない状態になりました。しかも昼休み中のこと!!! 午後の仕事ができない!

原因は、ESETが入っているマシンでこのアップデートをしようしたことなのだそうです。そしてOSはEl CapitanとSierraだとこの現象が起こるそうです。

マシンの操作ができなかったので強制的に電源をOFFして再起動。command + R でユーティリティーを立ち上げ、Time Machineからバックアップを入れて元に戻しました。

なお、この操作のあと電子カルテのMindTalkの実行速度がめっちゃ遅くなりました。fontdが悪さをしていたようで、fontdはターミナルからkillしました。これはShiftを押しながらセーフブートすると良いかもしれませんが、まだ実験していません。→だめでした。

さて、問題の解決にはESET側が対応してくれないとだめなので、ESETのアップデートを待つしかありません。それまではEl Capitan or Sierraの人はアップデートを入れないことです(もしくはドライバの不適合を覚悟でHigh Sierraにする)。

と諦めていたらESETからメールが来ました。解決策は以下のコマンドをターミナルから入れることでした。これで2018-001を適用しても大丈夫になります。要はem010.32.datの削除です。

  % sudo rm -rf "/Library/Application Support/ESET/esets/modules/em040_32.dat"

ApplicationとSupportの間は半角スペースです。改行ではありません。

ただ、このコマンドではうまくいかない場合があります。え?そんなことってあるの?と思いましたが(メーカーに文句をつけるようで申し訳ありません)。

下記のようにしてください。

  % sudo rm -rf /Library/Application\ Support/ESET/esets/modules/em040_32.dat

Application\とSupportの間は半角スペースです。改行ではありません。

ファイル名をダブルクォーテーションマークスで囲むのではなく、Suppotの前の半角空白の前に逆スラッシュ(日本語キーボードでは円マーク)を入れます。正規表現をご存じの方には説明不要でしょう。こちらのほうが正当なやり方です。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

不倫は道義的犯罪 [雑感]

私はそう考えます。

不倫は人に迷惑をかける行為です。許されるものではありません。

既婚者が不倫するなら離婚してから付き合え。そう思います。

「不倫は犯罪でないから非難する必要はない」という人もいますが、人間は法律だけ守っていればなにをしても良いというわけではありません。「法律は最低限の道徳」であり、人が守るべきものはほかにたくさんあります。

男性の不倫をおかしな生物学理論を使って正当化するものもやめたいものです。「男性は優秀な子孫をたくさん残そうとするからあちこちの女に目が行く」というような。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

古代アンデス文明展を見てきました [旅行・鉄道]

丸の内での用事を済ませたあと、上野の国立科学博物館で企画展示を見てきました。

古代アンデス文明は1万年以上前から始まりました。紀元前2500年ごろから王国が成立して、1532年にスペイン人がインカ帝国を滅ぼすまで続きました。

私が興味を持ったのはA.D.1000年ごろから行われていた開頭手術です。私が若い頃はこのような手術は宗教的・儀式的なものだと言われていましたが、現代では頭部外傷に対する治療と考えられているそうです。つまり、戦闘で頭蓋骨陥没骨折などを負った場合、細かく割れた骨片を取り除いていたらしいのです。しかも術後の生存率は70%であったとのことです。

ただ本当に手術によって多くの生命が救われていたのか?と考えると私は疑問です。確かに外傷の治療として行われていたのでしょうけれど、手術で助かるのはもともと怪我が軽い人だったのではないか、とも思えます。

術後の感染が少なかったそうですが、その理由は手術道具が使い捨てで人から人への感染が少なかったから、という説明がなされていました。それもどうなのかな....現代の医学界のようにきちんとしたデザインの研究が行われたわけではないですからなんとも言えません。ただ、乾燥した気候が細菌感染を起こりにくくしたという可能性はあるかも知れません。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

国技館に行かないようにしよう [雑感]

私は大相撲が大嫌いなので、以下は嫌いな人間の発言として読んでいただければ結構です。

今回の暴力騒ぎでは貴乃花親方は悪くないのに「貴乃花が悪い」という方向に理事長が話を持っていこうとしています。つまりは理事長とその取り巻きが非道な行いをしているのです。

こういう場合、相撲ファンは相撲を見に行かないことによってしか抗議するするしかありません。あるいは関連グッズを買わないなどです。ことばで抗議しても彼らには何の痛みもありません。

また、現在のような事態であるにも関わらず相撲を国技館に見に行く人は物事の基本的な判断ができない人たちと言われても仕方がありません。

相撲協会がどんなに非道いことをおこなっても満員御礼になるようなら、協会は
「観客が来てくれてるじゃん。俺たち悪くない証拠だよね。支持されてるよね。今まで通りでいいよね」
と考えてしまうでしょう。悪い人間には金を落とさないことによって意思表示することが重要です。

それから、相撲はスポーツだと思っている人は考えを改めるべきです。格闘技は公平を期すためすべて体重制です。相撲が体重制でないのは勝敗はどうでも良いからです。相撲は能や歌舞伎と同じく伝統芸能にすぎません。そうでなければ横綱が何十連勝もするということの説明がつきません。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー