So-net無料ブログ作成

「天才か人災か 泉谷しげるアート展 ART OF LIVE」 に行ってきました [雑感]

松坂屋上野店で行われていました。

10時台に入ったのですいており幸運でした。泉谷しげる自身が「写真撮り放題」と言っていたので撮りってきました。

絵の迫力は天下一品です。そういえば昔は漫画も描いていましたね。

IMG_0883.jpg


壁の向こうで声がするので行ってみたら何と本人がいました。これもなかなかの迫力。本人はマイクテストをしていたようですが、客が集まってしまったため歌を歌ったりプロデューサーの人とトークをしたりしていました。

「ここ出たらグッズ売り場があるから何か買って帰れよコノヤロー!!」

IMG_0893.jpg


ギターの展示もありました。ギブソンです。ほかにペイントされたギターの展示も。

IMG_0899.jpg


かなりの大作です。

IMG_0901.jpg


ざっと絵を見た印象ですが、とても素直な感じがしました。泉谷しげる自身、裏表のなさそうな感じです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

幕張メッセ国際展示場の座席とは [雑感]

幕張メッセでのコンサートに行くことになったのですが、イベントホールではなく国際展示場です。チケットにはアリーナ席と書いてあったのでスタンディングではなく椅子のようです。しかし座席表があるわけではないのでどうなるのかまったく想像がつきません。また、アリーナ席と言っても全部がアリーナ席なのかも知れません。

座席に傾斜があるわけではないので後ろの方だったら超絶見にくいことになります。まあ、たぶんステージは一か所ではないと思うのですが。

よくわからないことだらけですがとりあえず行ってきます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マスメディアに従事する人たちは犯罪耐性が強い [雑感]

私がふだんテレビや映画を見ていて不思議に思うのは、なぜ暴力や差別などの犯罪的な内容が多いのかということです。

私の少ない体験から考えるのは、おそらくそのような作品の作り手(プロデューサーから監督・スタッフ・役者に至るまでが不健全な環境の中で育ってきたからではないかということです。暴力が当たり前の環境で育てば暴力の作品を作ることが頭に浮かぶ。至極当然のことです。当人たちはそれが普通だと思っているので何も疑問に思わないのです。

AV女優が望まない演技を強制させられたと主張するのに対して、制作側はそんな事実はないと反論していますが、制作側の人々は他人に対して大声で脅すなどは強制のうちに入らないという感覚なのでしょう。一般の人と感じ方が違うのです。

このような傾向は戦争映画からバラエティ番組に至るまで、あらゆるところに存在します。実は歴史的にも延々と繰り返されてきたことで、古代ローマの劇場では司会者が老人や障害者を徹底的に嘲って観客を笑わせるショーが行われていました。現代のテレビでも容姿にすぐれない人をからかうような番組が放送されています。

マスメディアを作る人達の質が上がらないと改善しないでしょうが、なかなか難しいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

歩行者がいたらロービームにする [雑感]

自動車の前照灯は基本はハイビームです。ただし対向車や先行車がいるときはロービームにします。ここまでは誰でも知っています。

しかし中には歩行者に対してはロービームにしなくて良いと思っている運転者がいます。これは間違いです。

ハイビームにされると歩行者は幻惑されます。とくに歩行者が白内障など目の障害を持っている場合は周囲がかなり見えなくなります。歩行者を見つけたらロービームにすべきです。もちろん自転車に対しても同様です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

乃木坂46「逃げ水」発売記念 個別握手会に行ってきました [雑感]

本日パシフィコ横浜で行われました。私は乃木坂46の握手会はまったく初めてです。きょうは18:30のかずみん1枚のみ。18:05頃に会場に入りました。

ファンがたくさんいて、メンバーひとりが喋っています。何かの催し物であることはすぐにわかりました。しかしいま自分がどこのレーンに並べばいいのかまったくわかりません。

そのメンバーの話が終わり、握手会の再開が宣言されました。はるか向こうの方にいるファンがそれぞれのレーンに行くために歩きだしました。どこに行けばいいんだ? 周囲を観察してわかったのはファンたちはレーンに行くためにまず並ばなければならないということでした。2人1列で、5回ぐらい折り返す列がありました。その折り返しをすべて歩いたのちに目的のレーンに入れるのです。かずみんのレーンに着いたときにはそこでも3列に折り返しになっていました。

img912.jpg


しばらく人が動かなくなりましたが、やがて動き始めました。今度は速い速い。握手は一人一瞬なのか?と思えたほどでした。しかしあるときピタッと動きが止まりました。5分以上は止まっていたでしょう。そこからまた再開。あっという間にかずみんの前に。

あれ?あまりかわいくない? いやいや、かずみんはどうもお疲れのようです。

「こんにちは。はじめまして」
「こんにちは〜」
さて、何を言おうかな、と一呼吸置いたところ
「お時間で〜す」
えええええ〜〜〜〜????

たぶん時間が4〜5秒だったのでしょう。こんなはずでは....

あとで調べたら本当に4秒だったのです。

う〜〜ん、これでは....

かずみんに問題があったわけではないのですが。

やたらに並ばされたことと時間が短かったことはやはりがっかりでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

電波の伝わり方の変化によって地震が予知できると主張する人たち [雑感]

ある研究者の理論に基づいて、地上を飛び交っている電波を経時的に観測すると各種の地震が予知できると主張する人たちがいます。実際そのグラフがweb上で公開されていたりします。

でも、これがマスメディアで伝わることはなく、どうもごく一部の人たちがだけが言っていることらしいのです。

こういうことは本来なら気象庁の仕事でしょう。で、気象庁のページ「地震予知について」を見ますと、以下のことが書いてあります。

予知のできる可能性があるのは、現在のところ(場所)駿河湾付近からその沖合を震源とする、(大きさ)マグニチュード8クラスのいわゆる「東海地震」だけです。それ以外の地震については直前に予知できるほど現在の科学技術が進んでいません。

で、その方法はやはり地面の状態(距離、高さ、振動など)の変化を観察することなのだそうです。

ずいぶん前になりますが、上記の電波による地震予知プロジェクトに関わっている人たちと話をしたことがあります。わからないことばかりですので質問をしてみました。

「どういう電波を受信しているのか? 単一の送信局か?特定の周波数帯の電波すべてなのか?」
「どういうメカニズムが考えられているのか?」
「いままでの予知実績は?」

ところが返ってくる答えがすべて要領を得ないのです。例えばこんな感じでした。

私:「地震の前に電離層が乱されて電波の伝わり方に変化が起こるとありますが、たとえばこれは地下の岩石に力が加わって大規模な圧電現象が起こり、その時の電荷の時間的変化が電磁波となって電離層に影響するというようなことは考えられないでしょうか?」

解説者:(グラフを見せながら)
「伝わってくる電波がこういうふうに変化するんですよ。」

答えになっていません。

雰囲気としては新興宗教に入っている人と話をしている様な感じで、まったく手応えがありませんでした。ビョーキの人たち、と言ってもいいかも知れません。何か熱に浮かされているような感じといいますか、とにかく科学的な思考ができていないのでした。

私のほうが知識がないので理解できていない可能性もありますが、たぶん彼らもよくわかっていないのだろうと思わざるを得ませんでした。わからないことはわからない、とか、それはまだ仮説ですなどとはっきり言ってくれればまだ救われるのですが。

きちんと予知できれば因果関係などはあとから考えればいいことです。しかしどうも実績の検討もなされていないようでした。「過去何回かの大地震を予知した」では占いと同レベルでしょう。

確立された技術でないものを信じ込んで一般の人に損失が出ないことを希望します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マスメディアの世論誘導がひどすぎる [雑感]

今も昔もそうですが、マスメディアの報道の内容は非常に偏っています。

現在起こっていることで言えば加計学園の問題。

こんなのは大きな問題ではありません。政治家が仲のいい友達に便宜を図るのは古今東西よくあること。政治の仕事をきちんとやってくれればそれでいいのです。

加計学園よりも中国・ロシア・南北朝鮮の日本への領海領空侵犯や毎週のミサイル発射のほうがよほど問題ではないでしょうか。野党は政府の目を逸らさせるため些細なことで大騒ぎをしています。

で、アホな国民がそれを信じて自民党候補が市長選に落選する。

いま、あれほどニュースでやっていた高齢者の運転事故のことがほとんど報道されていません。

国が法律を変えさせるためにメディア操作を行って国民に高齢者事故が多いという印象を与えていたのです。

年々高齢運転者による死亡事故は減っていたのですから、明らかに不自然なことでした。警察の統計で減っているということが公開されていましたから。

法律が変わったら報道はぱたっと止みました。

加計学園が終わったらマスメディアは医療機関を叩くでしょう。医療費抑制のために医療機関にとって厳しい法令の改正を予定しているためです。

そのひとつに専門医制度があります。一般にはあまり知られていませんが、現在専門医は民間の資格です。それぞれの学会が試験などを行っているのです。

それを、国は機構認定医という国主導の専門医制度にしようとしています。

国主導にして、アメリカのように専門医を定員制にするのが究極の目的です。

レベルアップのためと言えば聞こえはいいですが、要は専門医にかかれる患者を減らすのが目的です。

学会側は必死で抵抗していますが、どうなることか。

日本はアメリカと比べたら医療費は激安。

アメリカでは正常分娩は12時間の入院で100万円。

虫垂炎の手術は24時間の入院で300万円。

未熟児が生まれて保育器を使ったら億単位の請求が来ます。

医療保険は民間なのでたとえば年間30万円程度の保険料(色々なコースあり)。しかし高額な医療保険に入っても、保険会社はなんだかんだと理屈をつけて支払いを拒否しようとします。

アメリカでは日本のような医療はごく一部のセレブのためのものです。

医療のアメリカ化は避けたいところです。

米国での医療を実体験した同級生の大木君のページです

報道があること一色になったら、何らかの意図を疑うべきです。

そのときに報道されていないことにも注意を払う必要があります。


追記:
北朝鮮が奥尻島沖にICBMをぶっ放しました。次は本土に来るかも知れません。本当に野党はバカです。いや、バカというより裏切り者かな。


「あの山は高いです」という文はなぜ間違いなのか [雑感]

形容詞の終止形に断定の助動詞がくっついているからです。

終止形は言い切りの形なので、あとに単語を続けることは禁止されています。

文法的に正しい表現は

  「あの山は高うございます」

ちなみに、

  「あの山は高いですね」

ならばまったく問題はありません。文法的な解釈は私にはわかりません。

しかし、これはあくまでも旧来の文法での話。

  「高うございます」

を仰々しい、お高くとまっている、と感じる人は多いはず。

私が高校生の頃(1975〜)からこの問題はあって、その頃読んだ文法解説書に、今後は「あの山は高いです」式の表現を認めていこうという動きがある、という話が書いてありました。

まあ、その「動き」をしているのが誰なのかは記憶にありません。当時の「文部省」だったかも知れません。

私はこの表現は不自然だなあと思いながらも便利なので使っています。

いつまで外国人労働者に頼るのか [雑感]

今日も外国人に嫌な目に遭いました。

私が自動車で交差点を左折しようとしたときのことです。いきなり左側から外国人の歩行者が出てきました。そして私の車が邪魔だとばかり、車のドアバイザーをバシッ!!とものすごい力で叩いたのです。外国人たちは信号を無視して道路を横断しようとしていたわけです。

2017050301.jpg


この写真は外国人に叩かれた部位です。ホコリが取れているのがわかります。

2017053002.jpg


日本政府は外国人労働者の受け入れをやめようとしません。それは、外国人労働者の存在によって得をする者がいるからです。

私の町では朝7時台に外国人労働者が住宅地のあちこちに立っています。そこにマイクロバスが来て、外国人労働者が乗り込んでいきます。そのバスは人材派遣業者のバスなのです。つまり、人材派遣業者が収入を得ているわけです。また、企業としては外国人労働者を安い給料で使うことができます。

人材派遣業というのはいわば給料のピンハネ屋です。社会的には無くてよいものです。また、消費者としては外国人が作ったものを使ったり食べたりすることは抵抗があります。

地方に暮らす者にとっては外国人労働者はやっかいです。住宅地には外国人が多数住んでいて夜歩くのも怖いくらいです。先程私が体験したようなことも起こりますし、ふだんから不法駐車・夜中に騒ぐ・買い物をして金を払わないなど、地方は外国人労働者によって実に暮らしにくくなっています。

小学校ではわざわざ日本語学級というものを作らなければなりませんし、外国人労働者の子供の素行が悪く保護者の態度も不良なため、教員の負担は重くなっています。

外国人労働者を受け入れようとしている人はこのような地域住民の苦悩も知らないでしょう。人材不足を言う前に、外国人はお帰りいただいて日本人の失業者を救うことを政府は考えたほうが良いのではないでしょうか。EUのように外国人による集団レイプなどが起こってからでは遅いのです。

肝ちゃん [雑感]

母校の機関誌にこのような記事がありました。

img877.jpg


このゆるキャラは「肝ちゃん」というそうです。佐賀県と佐賀大学の関係者によるもので「肝臓がんワースト1位を返上」をコンセプトとしています。

西日本はC型肝炎患者が多く、とくに佐賀が肝がん粗死亡率1位となっています。

西日本に多い理由はよくわかっていません。ウィルスは宿主の遺伝子と密接に関係していますから、西日本の人はHCVが感染しやすい遺伝子を持っているという説があります。それ以上のことはわかりません。

いわゆるトンデモ説もあります。これらはもちろん間違いです。

  • C型肝炎の多発地域が日本住血吸虫のかつての生息域と重なるので、それの治療で注射を回し打ちしたため。
  • 西日本に覚せい剤使用者が多かったから。