So-net無料ブログ作成
検索選択
コンピューター ブログトップ
前の10件 | -

ntpdの設定(FreeBSD 10.3-RELEASE) [コンピューター]

ntpdがうまく働いていないようなので設定し直しました。

/etc/ntp.conf で最小限の設定をします。

自分のマシンが参照するntpサーバーを指定:

server ntp.jst.mfeed.ad.jp

これを入れておけばntp1、ntp2、ntp3のどれかを参照してくれます。

誰からの問い合わせを受け入れるか:

restrict 192.168.100.0 mask 255.255.255.0 notrust nomodify notrap
restrict -6 192.168.100.0 mask 255.255.255.0 notrust nomodify notrap


notrust:指定したホストを参照先サーバーとして使用しない
nomodify:指定したホストからの時刻の変更要求を受け入れない
notrap:指定したホストにntpの内部情報を提供しない
-6:IPv6を指定

ドリフトファイルの場所、名前:

# The driftfile is by default /var/db/ntpd.drift, check
# /etc/defaults/rc.conf on how to change the location.


デフォルトで問題ありません。

起動させます。

# /etc/rc.d/ntpd start
(すでに動いている状態なら restart)

動作を確認。

# ntpq -p
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
===========================================================
ntp3.jst.mfeed. .INIT. 16 u - 64 0 0.000 0.000 0.000

合っているようです。



watchdog timeout となった場合 [コンピューター]

私のサーバー(FreeBSD 10.3-RELEASE)にて、外部のMacからsshでログインしようとしたところ、いきなり

  watchdog timeout

と出て接続できなくなりました。

この場合は /boot/loader.conf に

  hw.bge.allow_asf="0"

と付け加えて reboot します。


友人の Facebook ID が乗っ取られた [コンピューター]

昼前の話です。

医師会仲間のA先生から Facebook のメッセージが送られてきました。

A先生「今忙しい? LINEが凍結、友達からの認証が必要ですから携帯電話番号教えてくれる?」

この時点ではまったく疑っていなかったので、私の携帯の番号を Facebook 上でを教えたところ、携帯に4桁の番号が届きました。これを Facebook で入力せよとのこと。

入力したところ、

A先生「どこにいる」

ん?と思いました。彼がこんな言い方をするでしょうか?

私「すみません、本当にA先生ですか?本当だったら申し訳ないのですが、先生の言葉遣いとは思えません」

するとそれを無視して

A先生「近くのコンビニで BitCash カード何枚か買ってきてほしいんだけどいいかな?」

これは偽物だ!!!私はブチ切れました。

私「ふざけんなよてめえ。中国人か? こっちは仕事中だよ」

A先生「どしたん?」

ここまで見てきてわかる通り、相手はどうもこちらの日本語を理解していないようです。

ここで相手からのレスポンスは途切れましたが、その後もその相手は数10分ログインし続けていました。

昼休み、A先生のクリニックに電話して Facebook を確認してみてくださいと伝えました。

A先生によると、

「Facebook を開こうとしたらIDが削除されていた。ID復活の手続きを画面上で行なったら顔写真付きの身分証明書のアップロードを求められた。これは応じていいものなのか?」

とのことでした。

私は当初これも何らかの乗っ取りかと思ったのですが、そうではなかったようです(Facebook 上の適正な手続き)。

今回の件は Facebook が他人の認証によってIDを操作できるという仕組みを悪用したものだったのです。A先生の他の友だちからも同様のメッセージが来たという知らせがあったとのことでした。

So-netの固定IPアドレス割当サービスを使い始めました [コンピューター]

So-net では安価なダイナミックDNSサービスがありましたので自宅サーバーを構成するにはありがたかったのですが、このたびそのサービスが廃止されることになりました。そのため、固定グローバルIPアドレスを割り当ててもらうサービスに切り替えました。

しかし、初心者にとって戸惑うことが幾つかありましたので、それをここに記します。

手続きそのものは So-net のホームページから行けば問題なく行えます。

http://www.so-net.ne.jp/staticip/

2017042001.jpg


終了すると固定アドレスで接続するための専用ユーザーIDと固定IPアドレスを受け取ることができ、このときパスワードも決めます。これをルーターに入力すればいいのです。

2017042002.jpg


ここで注意すべきは、もらうIPアドレスが一つの場合はルーターのWAN側を Unnumbered にしてはならないということです。通常通りで良いのです(下記のよう、もしくは「PPPoEクライアント機能を利用する」)。

2017042003.jpg


この段階では貰ったIPアドレスを使ってhttp://XXX.XXX.XXX.XXX/とすれば、自分でサイトを立ち上げていれば表示されます。

あとは同じく So-net からドメイン取得代行サービスドメイン管理(DNS)サービスを申し込めば終了です。ドメインは個人で使えるものは○○.jp形式のものと○○.netや○○.infoのものがあります。後者のほうが安価です。ドメイン管理サービスはアドレスひとつなら無料です。

webサーバーを立ち上げる場合はサブドメインとして www などを追加しておきます。こうしないと自作サイトが外から見えません。ドメイン管理サービスの中で設定します。

なお、ドメイン管理サービスは現時点では固定IPアドレス割当サービスのページからだとなぜかリンクがつながっていません。サイト内の検索(もしくは上記のリンク)から行ったほうがいいでしょう。

El Capitan で Word2011 を使うとネットワークが使えなくなる件 やはりだめ [コンピューター]

Office mac 2011 を再ダウンロードしてインストールしたらあっさり解決したように見えました。もちろんダウンロードの際にプロダクトキーは必要です。

なんだか一気に力が抜けました。こんな会社の製品がデファクトスタンダードになっているのは間違いです。

と思ったら、また2-3日して Word 使用中にネットが使えない状態になりました。いちおう Word を終了させるとほどなくネットに接続できるようになりますが....

またダメになるかもしれません。経過を追ってみます。

環境:

 MacBook Pro 13-inch, Mid 2012
 OS X El Capitan バージョン10.11.6
 Microsoft Word for Mac 2011 Version 14.5.2(161129) 最新の新ストール更新済みプログラム:14.7.1

El Capitan で Word2011 を使うとでネットワークが使えなくなる [コンピューター]

2017年2月22日の記事で、MindTalk 使用中に Word を使うと MindTalk がフリーズする、という内容を書きましたが、本質はそれではないことがわかりました。実際には、Word や Excel を使うとネットワークが使えなくなるのでネットワークを使うソフトがフリーズしたように見えるのです。

しかし困った問題であることには変わりありません。電子カルテを見ながら患者さんの書類を書こうとすると電子カルテを操作できなくなるのですから。

問題の切り分けが難しいのですが、Safari も使えなくなるので Mac OS X 側の原因であることも予想できます。

環境:

 MacBook Pro 13-inch, Mid 2012
 OS X El Capitan バージョン10.11.6

MindTalk 使用中に Word や Excel を使うと Mac がフリーズする [コンピューター]

タイトルのとおりです。3〜4日前から起こった現象です。

MindTalk(4Dベースの電子カルテ。ここではクライアント)を動かしているときに Word や Excel を立ち上げて MindTalk の画面をクリックするとビーチボールが現れて、MindTalk が一切操作できなくなります。そのうち1〜2分で「サーバーとデータのやり取りができません」という意味のエラーメッセージが出ます。こうなるとネットも繋がらなくなり、Mail や Safari も使えなくなります。

MindTalk を Dock から強制終了させても再度立ち上げることはできなくなります。このときはターミナルから reboot しかありません。ひどいときはマシンからカーソルが消えてターミナルも使えなくなり、電源再投入しか手段がなくなります。
環境は以下のとおりです。

MacBook Pro 13-inch, Mid 2012

OS X El Capitan バージョン10.11.6

MindTalk Version 6.16

iPhone の写真を Mac に送れなくなった場合の対処法 [コンピューター]

昨日辺りから上記の状態となりました。環境は以下のとおりです。

  • iPhone6:iOS 10.2
  • Mac:iMac 21.5-inch, Mid2011 OS X 10.9.5
  • iPhoto:9.5.1

USB ケーブルで iPhone を接続すると写真が iPhone 側にあるにも関わらず、下のように「読み込み中」となってしまいました。

2017012217.png


web 上で様々な方法を試みましたが改善せず。USB ケーブルの問題かと思い取り替えましたがこれもだめでした。

そこで、以下のように iPhone と周辺機器(この場合は iMac )との信頼関係をいったんリセットしてみることにしました。iPhone 側で設定→一般→リセット→位置情報とプライバシーをリセットで「設定をリセット」をタップします。そして USB ケーブルで iPhone を iMac に接続すると iMac に以下のようなダイアログが出ます。ここは「続ける」をクリックします。

2017012218.jpg


いっぽう iPhone 側ではこのようなダイアログが出ますので「信頼」をクリックします。

2017012219.jpg


少し経つと接続が可能になり、写真を iPhoto に読み込むことができました。

なお、各種ソフト間の信頼を作り直す必要がありますので、ご了承ください。

CGIが動かない その解決法 [コンピューター]

自分のサイトでCGIが動きません。

これです。カウンタなどです。

2016122202.png


以前のマシンもapache24で、特に問題なく動いていたんですが。

「CGIスクリプトのソースがブラウザに表示されてしまう」というよくあるエラーです。

httpd.confについては、

  • ScriptAlias
  • AddHandler
  • ExecCGI


のお決まりの指定はきちんとできているわけです。

しかしソースがCGIプログラムとして認識されていない。

CGIのモジュールが組み込まれていない可能性はあるかもしれません。でも前機のapacheはそんなことしなくても動いたんですよね。

まだしばらく時間がかかりそうです。

明日は午前も午後も死ぬほど仕事が忙しいので、職場のリモートログインもほぼ不可能。

困った....

と思っていろいろ調べたところ、原因はこれでした。

真ん中辺の <IfModule と </IfModule とで囲まれた部分です。字下げしてある2箇所です。ひとつは #LaodModule cgid_module .... で始まる行。もうひとつは #LaodModule cgi_module .... で始まる行です。この2行をコメントアウトしておくべきでした。つまり、CGI用のモジュールを使えるようにしておく必要があったのです。

2016122203.png


そして apachectl restart として再起動したところ、きちんとカウンターが表示されるようになりました。

2016122204.png


サーバー再起不能か? [コンピューター]

昨日動きを止めた我が家のサーバーはいまだ仮死状態です。

やはりマザーボードに電圧は来ているようなのですが、今度はパワースイッチのところにあるLEDが点滅するようになりました。こうなるともう電源ユニットの問題です。調べたところ代替品はなく、最も効率が良いのは丸ごと買い換えることだという結論になりました。

2016121301.jpg


うーん、そうなるとかなりきついなあ。

HDDの中身は大丈夫なんです。すべて私のパソコンの中にあるので。もちろん新しいマシンを買えばふたたびFreeBSDをインストールして、apacheをセットして、ということになります。面倒ではありますが、勉強になると思えば楽しみです。出費はかさみますが。

私の場合、動画ファイルや音楽ファイルもあるのでこのようなブログではコンテンツは全て載せられないのです。まあ、数十メガバイトもあるファイルをそうやたらにアップすることはありませんが、自前のサーバーなら容量無制限ですから。

前の10件 | - コンピューター ブログトップ