So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行・観光 ブログトップ
前の10件 | -

柏に行ってきました [旅行・観光]

今回も車です。

野田市内の交差点にある怪しい店。キャンピングカーが店の本体のようです。

20170309a.JPG


柏市内でよく見る広告。色使いが派手。

20170309b.jpg


北柏駅近くの常磐線の線路。夕方です。

20170309c.JPG


第121回 水戸の梅まつりに行ってきました(偕楽園) [旅行・観光]

この時期に偕楽園に行くのは初めてでした。茨城町西インターチェンジを降りてケーズデンキスタジアム(写真)の前を通ります。

IMG_6913.JPG


狭い道を進んで、徳川ミュージアムの前から車が動かなくなりました。家族が車から降りて近くのトイレに行ってもまったく問題ないレベルの渋滞です。とにかく動かない。

IMG_6914.JPG


結局徳川ミュージアムから偕楽園内の駐車場に入れるまで30分はかかりました。しかしこれは常磐線沿いの道を来るよりもずっとマシだったようです。そちらの道はこんな感じでした。

IMG_6917.JPG


隣を走る常磐線はスイスイ行きます。

IMG_6918.JPG


何とか車を園内に駐車(料金500円)させてまず偕楽園の本園まで行きます。常磐線の線路を超えて階段を登らなければなりません。梅は見事でしたが、中は人でごった返していました。

IMG_6923.JPG


常磐神社に行くとこんなのがありました。日光猿軍団の人です。

IMG_6940.JPG


常磐神社も人でいっぱい。

IMG_6941.JPG


茨城県産品まつりに行きました。こちらはまた線路を超えて南側に行った田鶴鳴梅林広場で行われていました。ご当地キャラのフォトセッションです。民間のものも混じっています。

IMG_6949.JPG


問題はこれ。おかめ納豆のおかめちゃんです。こういうのを何等身と言うのでしょうか????

IMG_6952.jpg


ご当地キャラの他にアイドルグループ NEVA GIVE UP がパフォーマンスをしていました。

偕楽園の本園よりも田鶴鳴梅林のほうがきれいに植わっています。

IMG_6953.JPG


今回のまとめ。

  • 偕楽園自体は何の問題もない場所である。行って損はない。ここはいわば江戸時代のテーマパークである。ただし梅まつりの時期はさすがに混む。
  • 駐車場にスムーズに入るためには朝早く来るべき。私たちは園の入り口到着が10:30頃で、ここから30分以上の超のろのろ運転を強いられた。これが嫌な人は水戸駅付近の有料駐車場を使ってバスに乗るのがよい。または電車。常磐線下りなら偕楽園臨時駅が使えて便利。ただし帰りは水戸から乗車(偕楽園は下りホームしかない)。


以上です。

日曜午後の秋葉原 [旅行・観光]

秋葉原の中央通りを撮りに行きました。

ここは13:00から歩行者天国となるのですが、その10分ほど前の様子です。観光バスが駐車していました。どうも外国人客が乗っているようです。このバスを移動させるよう警察が促しています。

2017021901.jpg


例のビルの前でした。

2017021902.jpg


さっそく写真を撮ろうと思いましたが、晴れているため光のコントラストが強すぎると感じました。青空を含めて撮りたかったのですが、どうもうまくありません。

2017021903.jpg


センターラインからだとこうなります。

2017021904.jpg


少し時間が経ってからまた撮ってみましたが、影が多くなったからといって見やすい写真になるわけでもないようです。

2017021907.jpg


とらのあなの前です。

2017021905.jpg


こちらはガード下のガンダムカフェとAKBカフェです。

2017021906.jpg

春風萬里荘に行ってきました [旅行・観光]

春風萬里荘は北大路魯山人が住んでいた北鎌倉の家を笠間に移設したものです。日動美術館の分館として公開されています。魯山人はこの家に色々な要素を詰め込んで楽しんでいたようです。

2017021201.jpg


外観は以下のようです。建物は江戸時代初期のものを利用しています。よくこんにちまで保っているものだと感心します。

2017021202.jpg

2017021203.jpg


内部の様子です。大変寒かったですが。

2017021204.jpg

2017021205.jpg


電気カーペットがあります。

2017021206.jpg


私が生まれた東京の家に少し似ているような気がします。それは昭和3年にできたものでしたが。要するにこれは日本家屋の原型をとどめているのです。

石庭があります。見事です。

2017021207.jpg


茶室です。

2017021208.jpg


今回一番見たかったのは便器です。もちろん魯山人の自作です。

2017021209.jpg


そのそばにあるステンドグラス。本来はすべての窓にステンドグラスが使われていたとのことです。

2017021210.jpg


そして五右衛門風呂です。

2017021211.jpg


北大路魯山人(本名:北大路房次郎)は1883年京都の上賀茂神社の神職の子供として生まれました。

彼は母親が浮気してできた子どもで、父親はそれを知って魯山人が生まれる前に割腹自殺をしました。魯山人は幼い身で何か所もの家をたらい回しにされ、虐待を受けたこともあります。6歳でやっと福田家に落ち着きましたが、その時から炊事をしていたといいます。このような幼少期の環境が魯山人の性格に影響を及ぼしたのは確実でしょう。彼は有名になってからもありとあらゆる高名な芸術家に喧嘩を売り、周囲からの評判はきわめて悪かったようです。「美味しんぼ」に出てくる海原雄山が「カモ肉をわさび醤油で食べる」というのは魯山人がモデルで、彼が実際にやったことなのです。

しかしながらアクティブで他罰的なヲタクほどたちの悪いものはありません。財産は手にしたものの、おそらく彼は自分が作るものだけが心の拠り所だったのでしょう。

我孫子市鳥の博物館に行ってきました [旅行・観光]

手賀沼の畔にある我孫子市鳥の博物館に行ってきました。

隣に山階鳥類研究所があるため関連施設のように思われますが、基本的には無関係です。山階鳥類研究所は私立であり、鳥の博物館は我孫子市立です。ただし実際には今も昔も協力関係にあって、本来は山階鳥類研究所の標本を展示する目的がありました。

2017020901.jpg


展示スペースは2階と3階です。最初は展示物も少ないし場所も狭いかなと思いましたが、全部回ってみると広範囲の内容を要領よくまとめてあることに気づきます。よくできていると思いました。評価が高い博物館であることを後で知りました。

2017020902.jpg


懐かしい初代iMacがありました。私も1台所有していますが、ここでは現役で動いています。ひょっとしたら中身は別物という可能性もなくはないですが。

2017020903.jpg


今日はあいにくみぞれでしたが、天気が良ければ手賀沼の眺めも良いことでしょう。

アクアワールド大洗に行ってきました [旅行・観光]

アクア・イルミネーションをやっているとのことなので行ってみました(2016年12月10日〜2017年2月14日)。

到着したのは11時頃です。来週末が連休なので今日は空いているかと思ったのですが、日曜なのでそれなりに混んでいました。なお、入り口に鳥インフルエンザに関するお知らせがありました。

2017020501.jpg


イルミネーションは点灯している時間と消灯している時間があります。入感したときは消えていましたが、時間が経つと点灯しました。

2017020502.jpg

2017020503.jpg


クラゲの動画はこちらから。

http://takekakkon.atso-net.jp/diary/2017/2017020500.html

今回面白かったのは、タコがもろに見えていたことでした。

2017020504.jpg


館内をひと通りみてまわり、イルカ・アシカ・オーシャンライブも観ることができました。こちらは満員でした。

帰りに日野治で昼食を取りました。ここは安定した美味しさです。混んでいたため初めて2階の部屋での食事となりました。

2017020505.jpg


このあと、別の用事があるため常磐道を通って柏に行きました。

半蔵門線に乗ってきました [旅行・観光]

半蔵門線は1978年から2003年にかけて開業した東京メトロの地下鉄です。距離は16.8km、渋谷ー押上間の所要時間は30分です。以前は虫食い状にしか乗っていなかったので、全線乗ることにしました。

私が大学生の頃は青山一丁目までしか開業していませんでした。その後皇居の西側を通るルートで路線を伸ばしていきました。現在は東急田園都市線・東武伊勢崎線と直通運転をしています。

今回は久喜から乗車しました。この列車は田園都市線の中央林間まで3社を直通します。

2017020201.jpg


東武線内は急行となります。

2017020202.jpg


とりあえずがらがらです。このように空いている電車にのるのはいつも気持ちのよいものです。

2017020203.jpg


停車駅はこのようになっています。「スカイツリーライン」という名称がちょっと気になりますが。東武線内は久喜から押上までは54分です。

2017020204.jpg


錦糸町、三越前、大手町、神保町、永田町、青山一丁目などを経て渋谷に到着しました。久喜から渋谷まで84分の旅でした。

2017020205.jpg


半蔵門線はそれまでの路線に比較して乗り心地が良い印象です。線路や車両などに新しい工夫がされているのでしょう。

ただ、半蔵門線にはホームドアがありません。これは東急と東武の車両に6ドア車があるためです。6ドア車は超混雑時のために考え出されたもので座席が格納式です。あの格納式の座席は座りにくいですね。6ドア車はあまり意味が無いと思います。埼京線もいつの間にか無くなりました。

そのあとは用事があり羽田に行きました。ANA側のC滑走路(16L、34R)は離着陸にあまり使われていませんでした。

2017020207.jpg


夜、本日の最終目的地である新橋に行きました。


霞ヶ浦総合公園・かすみがうら市水族館に行ってきました [旅行・観光]

霞ヶ浦水郷公園は土浦市大岩田にあり、広場・プール・水車・水生植物園などを持つ土浦市の施設です。私が子供の頃には無かった施設ですので、行ってみました。写真はシンボルとも言えるオランダ水車を水生植物園から見たところです。冬なので植物はほとんどありませんでした。

2017012201.jpg


水車の展望台から土浦の桜川の河口方面を見たところです。うっすらと筑波山が見えます。

2017012202.jpg


公園内から赤い観光ヘリが頻繁に飛んでいます。

2017012203.jpg


このような景色を見ると海と錯覚しそうですが、磯の香りはまったくありません。霞ヶ浦は広いのですが、平均水深は4mしかありません。

2017012204.jpg


ネイチャーセンターには淡水魚の展示があります。この水槽にはニホンウナギがいますが、よくわかりません。

2017012205.jpg


よく見たらいました。

2017012215.jpg


昼になったので食事をすることになりました。ここの近くには三浦柳みほやぎといううなぎ料理の名店があるのですが、行ってみたら「予約のみ」とのことで入れませんでした。そこで、少し遠いのですが、山中という店に行くことにしました。場所は土浦市手野ですが、郊外も郊外、田んぼの中でした。

2017012206.jpg


料理はまあまあと言えるでしょう。

2017012207.jpg


芸能人が来ていたようです。

2017012208.jpg


2017012209.jpg


隣に小さな神社があり、「ジム」になっていました。

2017012210.jpg


ここから少し距離がありますが、かすみがうら市さかにあるかすみがうら市水族館に行きました。

2017012211.jpg


ウーパールーパーが死ぬほどいます。

2017012212.jpg


突然変異のニホンアマガエルです。

2017012213.jpg


坂の上にあるかすみがうら市歴史博物館に行きました。地域の古い道具などが多数陳列されていました。なかでも特別展示「細野冉兵衛と天童一揆 - 義に生き、仁に生きた惣名主 - 」は大変興味深いものでした。

2017012214.jpg


細野冉兵衛ぜんべえは土浦藩東部(現在のかすみがうら市深谷)の名主総代で、常に農民の味方をしていました。とくに山形県天童市の土浦藩領で起こった天童一揆を治めに行ったことで知られます。しかしあまりに農民寄りの態度を取ったため最後は土浦藩に捕らえられ、獄死しました。土浦藩では彼の功績を知っていたので「冉兵衛は老人になってボケた」という口実で放免にしようとしたのですが、彼の態度があまりに頑なだったため処罰せざるを得なかったとのことです。冉兵衛は体重が117kgあり、朝に米飯を1.5kg食べ、昼と夜は酒を飲んでいたそうです。

丸の内線に乗ってきました [旅行・観光]

丸の内線は1942年に着工した歴史ある路線です。ただし現在の形の全線開通までには1962年まで待たなければなりませんでした。線路は銀座線と同じ1435mmの標準広軌で集電は第三軌条方式です。古い路線なので連結車両数を増やせないのが難点でしょう。

さて、池袋から出発です。東京メトロでは上り・下りという表現はなく、工事の起点から線路が伸びていった向きをA線と言います。逆はB線です。今回はA線に乗ります。

2017011501.jpg

2017011502.jpg


丸ノ内線は地上に出る部分があります。茗荷谷から後楽園までと、神田川を渡るところ。そして四ツ谷駅です。40分程で中野坂上に到着します。同じホームの反対側から分岐線の方南町支線に乗ります。

2017011503.jpg


3駅で方南町です。ここから引き返して中野坂上へ。そこからふたたびA線に乗り、終点の荻窪まで行きました。

2017011504.jpg


荻窪で食事をして水道橋に向かいました。中央線快速に乗りましたが、新宿駅の線路に雪の塊が落ちていました。あずさか何かが落としていったのでしょうか。

2017011505.jpg


四ツ谷で総武線に乗り換えました。

2017011506.jpg


車で柏に行ってきました [旅行・観光]

用事のために車で柏に行ってきました。

柏は私が住んでいるような田舎と違って渋滞が激しいため、うまく裏道を通らないとドツボにはまります。

栃木県南から柏に到達するルートは色々考えられます。

  • 新4号バイパスを南下し庄和インターで16号に入るルート。最も単純ですが、面白みがなく、何よりも渋滞するので困ります。
  • 県道17号線(結城野田線)を使うルート。利根川を渡ったら千葉県内もそのまま17号線で行くことも悪くありませんが、より良いルートは利根川を渡って二つ目の信号で左折して農道に入る(ここは車幅制限がある。3ナンバーでも何とか通行可能)。久保集会所を過ぎたら右折し、すこし行って左折。そして県道7号線に入る。あとは7号線をそのまま進んでいく。
  • 県道20号線(結城岩井線)を通るルート。利根川を越えたら目吹で左折し上記の県道7号線に入る。新4号で古河を過ぎたら左折し、下総利根大橋有料道路を通る方法。これは右左折が激しいためうまく説明できません。
  • 国道294号線を使うルート。遠回りになります。

さて、今回の目的地は柏駅の南方、日立柏サッカー場のあたりになります。ここまで行った方法は以下のとおりです。県道7号線を東進し、花野井のTSUTAYAの手前で右折。マルエツのある交差点(松葉町)で左折します。ここは上下線が別れている道路です。そのまま道なりに南東に進み、常磐線の下をくぐり、突き当りになっている柏ふるさと公園入り口で右折。桜台交差点で国道16号を渡り、そのまま直進すれば目的地付近に到達します。

写真は帰り、桜台交差点から柏ふるさと公園入り口に向かう道路です。渋滞して止まっているときに撮影しました。

2017011201.jpg


前の10件 | - 旅行・観光 ブログトップ