So-net無料ブログ作成
検索選択

医師国保は本当に安いのか [仕事]

Webを見ていたら「医師国保は保険料が安いので不公平だ」という記述がありました。

たしかに保険料だけ見ると安いのですが、そう書いている人は我々が医師会に支払わなければならないものがあることまでは想像できないようです。

医師国保は医師なら誰でも加入できるわけではなく、医師会の会員である個人事業主に限られます。また、従業員数が5人以下の医療機関に適用されます。この人数を超えると協会けんぽとなります(例外はあります)。

まず医師会に入っていると医師会費がかかります。私の場合地区医師会が年間15万円(会によって違う)。これでもずいぶん値下げされました。さらに県医師会・日本医師会の会費が年間25万円です。

また、入るときに入会金がかかります。私のとき地区医師会は百万円以上でした。「医師会館を新しくするために必要」と言われましたが、実際には新築されませんでした。県・日本医師会も入会金はありました。

というわけで、医師国保は安いという議論は正しくないのです。

以前から医師会には入らない医師もいます。代表的な例はずっと勤務医でいる人。病院の偉い人は医師会に入っているのが普通ですが。いちおう勤務医で入れる会員種別もあるのですが(会費も安い)、勤務医のうちは医師会に興味がない人が多いので、加入率は高くありません。基本的には医師会は開業医のための組織です。

また、最近多いのは開業していながら医師会に入らない人。メリットがないというのがその理由です。なるほど、そのように感じられるのも無理はありません。

医師会に入るメリットは以下のとおりです。

  • 医師会が開催する勉強会に参加できる(この中には公的なものもある)
  • 検診や夜間診療所当番などのアルバイトができる
  • 医師専用の損害保険に安く加入できる
  • 問題が起こったときに専門家を紹介してもらえる(弁護士や社労士など)
  • 保険制度改正を教えてもらえる(かなり重要)
  • 親睦行事に参加できる(懇親会や旅行、趣味のクラブなど)

まあこんなところでしょうか。検診や夜間診療は嫌がる人も多いですけど。仕事以外にやるわけなので。よく市などがやっている夜間休日の診療所は医師会員が仕事が終わったあとに持ち回りでやっているものがほとんどです。そういうことすら知らないで医師会の悪口を言っている人がいますけど。ちなみにその昔、健康保険で抗生剤が使えるようにしたのは日本医師会でした。

医師会は政治団体だと思われていますが、正確には違います。それは医師政治連盟のほうであり、別組織です。もちろん医師会とリンクした組織ですが、加入を強制されることはありません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

恩師の退任記念祝賀会に行ってきました [仕事]

昨夜、母校・職場の恩師である中山和彦先生の退任記念祝賀会に行ってきました。場所はホテルオークラ東京でした。

2017031901.jpg


私は大学に19年間在籍していましたが、実際に大学で仕事をしたのは最初の3年だけでした。そのとき中山先生は教授ではなく講師でした。私達若い医者は病棟で仕事をしており中山先生は外来の担当でしたので、実際には余り接触がありませんでした。むしろ私が外の病院に派遣されてからのほうが中山先生にお会いする機会は多くなりました。

2017031902.jpg

2017031903.jpg


中山先生は本当は精神病理、とくに森田療法がやりたかったのだそうです。しかし上司から生物学的精神医学をやることを勧められてそちらで業績をあげました。もちろんそれは時代の流れではあります。また非定型精神病や女性精神医学は中山先生の得意とするところです。しかし教授となってからは好きなことをなさるようになり、森田療法や病跡学などの講演がおおくなっています。私は当初中山先生のそのような歴史は知らず、biology をやっていた人がなぜいきなり病理を、と思ったのですが、先生のお話を伺って納得しました。

私が研修医時代に教わったU先生は中山先生の同級生ですが、残念ながら10年前にお亡くなりになりました。私は後輩としてU先生に接していました。そこで同級生である中山先生から見るとU先生はどんなふうだったのだろう?と思い、お聞きしたかったのですが、さすがに昨夜はそんなひまもなく、私は同級生や近い先輩・後輩とおしゃべりをしてきました。

新橋に一泊して帰途につきました。

2017031905.jpg

2017031904.jpg


上手な医者のかかり方 [仕事]

日頃患者さんからよく聞く話ですし、ネット上の治療体験記にもありますが、私がそれを聞いて「まずいな」と思うことがあります。それは、

「受診する医者をコロコロ変えるな!!!」

です。

「○○という症状が出て、A病院に行ったら××病と言われて薬を出された。1日飲んで治らなかったので、すぐB病院に行った。ここの薬を2-3回飲んでも治らなかったので、次に....」

うちにもよくこのような人は来ます。その時、私はこのように尋ねます。

「その薬は1回だけ飲めばいい、とその先生に言われましたか?」
「言われていません」
「何日分薬を出されました?」
「5日分です」
「だとすると、5日間経ったらまた来てくださいねということだと思うけど、そういう説明は?」
「さあ....?」
「病名は言われましたか?」
「覚えていません」

幾つかの問題が含まれています。

まず医者のほうで的確に指示を出したか。

薬は治っても治らなくても飲み続けて、5日後に受診しなさい、と。それまで治るかもしれないし、治らないかもしれない。治らない場合は薬を取り替えるか、さらに検査をするか、対応を考えます、と。

もしこれを医者から言われていて勝手に病院を変えたとすると、治りが良くない場合、患者さんの責任かもしれません。

5日分の薬を出したということは、医者のほうでは現在の治療法が適正かどうか調べる5日間と考えているのです。

逆に、医者が「5日後に来なさい」と言っていなければ医者が悪い。

「副作用が出たから他の病院に行った」というのもよくあるパターン。副作用が出たらまたその病院に行って診てもらうべきです。

病気が何であるのか。どの治療法が効果があるのかは、ある程度の時間をかけて経過を見なければならないのです(救急は別)。それを患者さんのほうで勝手にどんどん医者を変えてしまっては、治るものも治らないのです。

たしかに、医者の中には患者さんと相性が合わない人や明らかに技術不足の人もいます(ただし多くの場合は技術不足というより専門外であるということがほとんどです)。

私たちは患者さんに上記のようなことをよく説明する必要がありますし、患者さんもわからないことは医者に積極的に尋ねることが大事です。