So-net無料ブログ作成
検索選択
AKB48グループ ブログトップ
前の10件 | -

チームA 「M.T.に捧ぐ」公演 佐々木優佳里 生誕祭を観てきました [AKB48グループ]

前回のチームAは見えにくい席だったのですが、今回は2巡目で呼ばれて最前列、下手の柱の左隣りでした。

出演メンバーは以下のとおりです。
  • 入山杏奈
  • 大家志津香
  • 小嶋菜月
  • 佐々木優佳里
  • 田北香世子
  • 谷口めぐ
  • 中西智代梨
  • 樋渡結依
  • 宮崎美穂
  • 山田菜々美
  • 横山由依
  • 市川愛美(チームK)
  • 茂木忍(チームK)
  • 飯野雅(チーム4)
  • 村山彩希(チーム4)
  • 行天優莉奈(チーム8 香川)

また、セットリストは以下のようで、最後は「#好きなんだ」でした。
  1. overture
  2. 始まる。
  3. Prime time
  4. 探してあげる
  5. ラベンダーフィールド
  6. リスケ
  7. 制服ビキニ
  8. She's gone 
  9. 夢でKiss me ! 
  10. 負け男
  11. 月と水鏡
  12. 門前仲町ダンス 
  13. 今夜、グロリアは誰に抱かれる? 
  14. コピー&ペースト 
  15. M.T.に捧ぐ
    En 1
  16. ショーは終わらない 
  17. ウィンクの銃弾 
  18. 涙はいつの日か
    En 2
  19. #好きなんだ

今回の印象に残ったメンバーです。

大家志津香
曲の中でちよりと向かい合って踊る部分があるのですが、ちよりと顔を見合わせてめっちゃ笑っていました。ちよりもです。2人の相性の良さを見た感じがしました。

小嶋菜月
スタイルがかっこいい。テレビだとあまりわかりませんが、実物だと惚れ惚れします。

佐々木優佳里
本人の意識が変わってきたというか、居場所を見つけた人のような安心感が伝わってきました。その理由は最後の最後にわかったのですが。

中西智代梨
やはりこの人の魅力はMCです。本人が何かを言ってみゃおが突っ込むというパターンは相変わらず。ちよりを見ていると本当に笑顔になれます。パフォーマンス中私とアイコンタクトがありましたが、ゆかるんの生誕祭なのでうちわが出しにくい雰囲気を感じました。そのため「負け男」以外はうちわを使いませんでした。ちょっと反省。

横山由依
言うまでもなく努力型の天才です。この点さっしーきたりえと共通するものがあります。ダンスは程よくキレキレで表情が良い。丁寧にやっている感じで好感が持てます。下腿の腓腹筋とヒラメ筋がはっきり見えて、皮下脂肪が薄い上に筋肉質です。超選抜ともなるとあまり劇場公演に出られなかったりもしますが、彼女はできるだけ多く立ち続けているのではないでしょうか。

市川愛美
下肢がまっすぐでキレイ。これは知りませんでした。気づかなかったという人は確認すべきです。

村山彩希
今回最も素晴らしいダンスを披露してくれていました。AKB48のシアターの女神は間違いなく彼女でしょう。腹筋が見えました。

曲についてです。

「M.T.に捧ぐ」で私が一番好きな曲は「門前仲町ダンス」です。洒落たアレンジが魅力です。この公演のCDはまだ出ておらず、カラオケにももちろん入っていません。早く発売してほしいものです。映像は出ています

リスケ」も良い曲です。不規則な文字数にメロディーを当てはめなければならず作曲者泣かせだったでしょう。井上トモノリさんと野中“まさ”雄一さんだからこそ美しく仕上がった曲です。ちなみに井上トモノリさんは「キスは待つしかないのでしょうか?」や「瀬戸内の声」も作っています。サンドアートも良かったですね。

最後にゆかるんの生誕祭がありましたが、手紙朗読中に書いた本人が出てきました。なんとみゆぽんでした。有吉AKBでも友人がいないことを散々いじられていましたが、支え合える友人が出来ていたようです。
ゆかるんのぐぐたす
みゆぽんのぐぐたす

「M.T.に捧ぐ」が今後長く引き継がれていくセットリストになることを期待します。

IMG_9956.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

16期研究生「レッツゴー研究生!」公演を観てきました [AKB48グループ]

秋葉原にて夜公演を観ました。

出演メンバーは以下のとおりです。

  • 浅井七海
  • 稲垣香織
  • 黒須遥香
  • 佐藤美波
  • 鈴木くるみ
  • 田口愛佳
  • 田屋美咲
  • 長友彩海
  • 前田彩佳
  • 道枝咲
  • 武藤小麟
  • 安田叶
  • 山内瑞葵
  • 山根涼羽


セットリストは以下のとおりです。村山彩希さんプロデュースですから、おそらくかなりの部分は彼女が決めたのでしょう。アップテンポで力強い曲が多く入っています。メンバーの体力はかなり消耗するはずです。

  1. 快速と動体視力
  2. みなさんもご一緒に
  3. 憧れのポップスター
  4. その汗は嘘をつかない
  5. 完璧ぐ~のね(ユニット)
  6. クロス(ユニット)
  7. 愛の色(ユニット)
  8. 右足エビデンス(ソロ)
  9. わがままな流れ星(ユニット)
  10. 孤独なランナー
  11. ひと夏の反抗期
  12. ずっとずっと
  13. High school days
    EN
  14. レッツゴー研究生!
  15. チーム坂
  16. 家出の夜


このなかで、「右足エビデンス」は意表を突いた選曲でした。しかし山内さんのダンスは完璧だったので、人選は成功でしょう。公演のアクセントになっていました。

メディアでは16人に満たない人数であることが話題になっていました。私は梅本和泉さんが気になっていたので、ちょっと残念でした。

しかしながら公演の出来はほぼ完璧。高橋チーム4のような勢いの良さがあり、1曲1曲が観る者を引き込んでいきます。

私にとって舞台で目立ったのは次の3人です。

武藤小麟さん
この人はすごいですよ。全力ダンスで力強い。空手をやっていることも影響しているかもしれませんが、観ていて本当に気持ち良い。姉のおこぼれで人気が出るほど甘い世界ではありませんので総選挙55位は実力の結果と確信しました。

道枝咲さん
雰囲気がとても良い。うまく説明できませんが、なぜか目に飛び込んできました。良い意味で軽やかな感じ。まだ13歳です。16期では髪が一番長いメンバー。AKB48全体でもそうかもしれません。

田口愛佳さん
メディアでの評判どおり優秀です。美しくて頭が良さそうなルックスな上に、表情の作り方がものすごくうまい。大雑把に言うとまゆゆとじゅりを足して2で割ったような感じ。彼女はNGT48とHKT48に書類落ちしたそうですが、その時の写真が悪かったのかな? いまのルックスの写真だったら私なら書類を通すと思います。

その他のメンバーも誰一人ハズレはいませんでした。私は2014年からのグループのファンでまだ新参者ですが、この公演は劇場公演の原点に戻った感じがしました。グループの将来は安泰でしょう。

2017073011.jpg


AKB48「シュートサイン」劇場盤発売記念 AKB48グループゆかた祭りに行ってきました [AKB48グループ]

あさから一日御宿町で用事を片付けたあと、特急電車で海浜幕張に向かいました。

御宿駅です。日曜の午後は無人。

IMG_9315.jpg


そしていつも乗っているわかしお号です。

IMG_9321.jpg


わかしお号で海浜幕張に降りるのははじめてでした。きょうは本当は4部のまいちゃんにも会うはずだったのですが、7部のちよりだけになりました。

ちよりはあっち向いてホイで私物サイン。私の1勝2敗でサインしてもらえることになりました。しかし今日は適当なものを持ってきていなかったので、さきほど使った特急券にサインしてもらうことになりました。

「こんなの初めてだよ〜〜w」と言われてしまいました。それはそうですよね。

IMG_9323.jpg


このような浴衣でした。なかなかかわいかったです。ちよりとみゃおは隣同士のレーンでした。

HKT48は落ち目ではない [AKB48グループ]

今回の総選挙結果から考えてみました。

AKB48とHKT48について、今回のフューチャーガールズまでの結果です。去年と比較した票数の増減も示しました。

クリックすると拡大表示します。

スクリーンショット 2017-07-17 7.40.08.png


みんな一様に増えているわけではなく、減少しているメンバーもかなりいます。実際の票数ではまゆゆがいちばん減っています。

AKB48とHKT48で分けてみました。票数順です。

スクリーンショット 2017-07-17 7.39.07.png


最後に、増減順に並べてみました。

スクリーンショット 2017-07-17 7.36.53.png


フューチャーガールズまでの順位を見る限り、とくにHKT48のほうが減っているメンバーが多いとは言えないと思います。余り心配はないのではないでしょうか。

AKB48「願いごとの持ち腐れ」劇場盤 発売記念大握手会に行ってきました [AKB48グループ]

きょうは13時までに御宿町での用事を済ませ、そこから各駅停車に乗って海浜幕張まで来ました。

IMG_9187.jpg


幕張メッセに到着したのが15:15頃。すでにちよりの第5部が始まっていましたがすぐ並び、握手をしました。

いつもBINGO頑張ってるねーと言うと、

「これからきぃちゃんといっしょにやっていかないと」

と嬉しいことを言ってくれました。いずりながいなくなって心配していたのですが、彼女なりに今後のことを考えているようです。

そして、すぐに5部Bのきぃちゃんのところに行きました。初めてでしたが、何と美しいこと!! 握手の態度もきちんとしているし、好印象を持ちました。

「『夢死な』ではあまり目に飛び込んでこなかったけど、『僕太』では素晴らしくて『アイドルなんて呼ばないで』がとても良かった」

と失礼なことを口走ってしまいましたが、きちんと受け取ってくれたようでした。まあ、チーム4を観ていた頃は彼女のことを知らなったせいもあるのですが。

6部がまいちゃん。6月25日の「シュートサイン」劇場盤発売記念 大握手会&気まぐれオンステージ大会に行けませんでしたので、今回が総選挙後初めての握手会でした。ランクアップとシングル選抜のおめでとうを言い、昨日のテレビで3列目にも関わらずけっこう映っていたことを伝えました。今回は黄色のワンピースで可愛かったです。

ほかに当日指名券を持っていたのですが、きょうは非常に疲れたので、今回は5部・6部で終わりとしました。

IMG_9192.jpg


AKB48 49thシングル選抜総選挙 [AKB48グループ]

われらがまいちゃんは25,900票で34位でした。6位のジャンプアップです。目標のアンダーガールズ入りは成りませんでしたが、良かったと思います。6月25日にはお祝いを言いに行くつもりです。

さて、全体を見てみると、そんなに大きなサプライズは無かったかな、というのが正直なところです。しかし、いくつか私の予想を裏切ったことはありました。

ひとつはみーおんがアンダーガールズとなってしまったことです。下がる要因があったのか?となると難しいところです。票数も去年の4万7千から3万5千に減っています。このように減ったのは彼女だけではなく、実はAKB48の若手人気メンバーがかなり票数を減らしています。もっとも、その減らした代表格がまゆゆだったわけですが。

もうひとつはさりーの選抜入りです。昨年30位でしたから選抜に入れないことは無かったわけですが、それならばかおたん、みぃちゃん、こじまこ、かとれななどのほうがよほど選抜に近い位置にいたと思います。

おぎゆかの5位も意外と言えば意外でしたが、苦労人であること、握手人気が高いこと、SNSがとても面白いことなどを考えればかなりのところまで食い込むであろうということは何となく感じていました。

さて、今回はりりぽんの結婚宣言があり、これについてはスキャンダルが大きくなる前に予防策を取ったと考えればいちおう納得はいきます。もちろん本人が無傷というわけにはいかないのですが、あとは卒業してしまえばグループ全体へのダメージは最小限に抑えられます。それとも、何かあっと驚くような秘策でもあるのでしょうか? 今後も何か出てくるような気もします。

こういうことがあるたびに思うのは、恋愛禁止というのは無くしたほうがいいということです。私に賛同してくれる人がどのくらいいるのかわかりませんが、アイドルは疑似恋愛の対象ではなく応援の対象であると私は考えています。アイドルの応援はスポーツ選手の応援と同じものであり、スポーツ選手が結婚しているから応援しないというファンはいないでしょう。

また、ファンはメンバーの幸せを第一に考えるべきです。メンバー自身が自分の幸せを見つけて何が問題なのでしょうか。「男と寝たアイドルは嫌だ」などはアイドルの人権を無視した発言だと思います。

一番いいのは文春がくだらないことを書かないことなのですが、メディアに良識を求めでも無理ですから、AKBグループが安定した運営を続けるためには恋愛可で良いと思うのです。

今回は総選挙イベントが雨で中止になるという前代未聞の珍事となったわけですが、そもそも大きい催し物を梅雨の時期に行うのはだいたいお金のない団体なのです。お金のある団体はもっと良い季節に行うものです。これは私が所属している医学系の学会もそうです。AKBグループが国民的アイドルを名乗っても、一般にはマイナーな団体です。ある程度やむを得ないことであるともいえます。

チームA 「M.T.に捧ぐ」公演 中西智代梨 生誕祭を観てきました [AKB48グループ]

やっと念願のA公演を観ることができました。しかも私がAKB48でイチ推しのちょり生誕祭です。

劇場に到着したのは17:00。チケットは026番でした。私の場合、どうも若いほうの番号はビンゴであとの方になる傾向があるので心配ではあったのですが。

ブルーを基調とした豪華なスタンド花です。

IMG_8695.jpg


今回のメンバーは以下のとおりです。

  • 入山杏奈
  • 大家志津香
  • 小嶋菜月
  • 佐々木優佳里
  • 田北香世子
  • 谷口めぐ
  • 中西智代梨
  • 樋渡結依
  • 宮崎美穂
  • 山田菜々美(8・A兼任)
  • 横山由依
  • 市川愛美(K)
  • 下口ひなな(K)
  • 達家真姫宝(B)
  • 岡田彩花(4)
  • 村山彩希(4)


Aの専任メンバーは全員出ています。しかしこれを見ると如何に人数が少ないかがわかります。加えてぱるる・なーにゃ・まーちゅんがいればワタシ的にはもっと豪華だったのですが。

それにしてもさすがチームA。全曲、まったくスキのないパフォーマンスでした。

  1. overture
  2. 始まる。
  3. Prime time
  4. 探してあげる
  5. ラベンダーフィールド
  6. リスケ
  7. 制服ビキニ
  8. She's gone 
  9. 夢でKiss me ! 
  10. 負け男
  11. 月と水鏡
  12. 門前仲町ダンス 
  13. 今夜、グロリアは誰に抱かれる? 
  14. コピー&ペースト 
  15. M.T.に捧ぐ
    En 1
  16. ショーは終わらない 
  17. ウィンクの銃弾 
  18. 涙はいつの日か
    En 2
  19. 願い事の持ち腐れ


ちよりはMCではいじられまくりです。いつものことといえばそのとおりなのですが、ちょっとかわいそうな気がしました。しかし最後の最後にサプライズでいずりなが現れて、書いた手紙を自ら読みました。これには私も思わずもらい泣きしてしまいました。

いずりながいなくなると、ちよりを支えるメンバーがさらに減ることになります。しかしその分バラエティー班としての役割は増えるわけで、考えようによってはチャンスともいえます。

機会があればまたAを観てみたいと思っています。

私はきょう誕生日でしたが [AKB48グループ]

特に感想はありません。年を取るのは嫌だなとは思いましたけど。気分的には二十歳頃とさして変わっていません。これからも今までのように勝手気ままに生きていくだろうと予測しています。

さてと。昨夜の速報結果です。

おぎゆかの1位を大騒ぎしている人がいますが、彼女はとても人気があるので上位に来ても何の不思議もありません。単純に昨年の最終票数と比較すると、11位(ゆいはん)と12位(きたりえ)の中間になります。選抜の最低が4万票。ことしは全体的に総数が上がると考えても、選抜に入る可能性はあります。

彼女はAKBに4回落ちて(最後は仮研究生までは行った)、さらにバイトAKBを経てドラフト二期生となった苦労人です。長い手足を活かしたパフォーマンスが素晴らしいうえにSNSでの発信もとても面白い。いつも読み応えのある長いメールを送ってくれます。

ただ、ここまで来るとは私もさすがに予想していませんでした。組織票が大きいことは間違いありません。もし前回圏外(95位)から一挙に選抜になったとすると、類いまれなケースとなるでしょう。

速報選抜では同様の見方ができるメンバーとしてさとぴーがいます。以前このブログで書きましたが、とにかくパフォーマンスがきっちりとしていて立派です。メールも取っていたことがありますが、なかなか良かったです。

アンダーガールズには実力者が並んでいます。このなかにまいちゃんも入っています。また、なっきぃとあややの存在が目を引きます。

かとれな、きたりえ、なぎちゃんがかなり下位で、みぃちゃんは100位にも入っていませんが、この4人は当然のことながら上がってくるはずです。みぃちゃんには選抜に入ってほしいものです。



総選挙本来ました [AKB48グループ]

今年の総選挙本の良いところは写真です。表紙やはじめのほうではなく、「一般層のランクインしそうなメンバー」の部分です。特に昨年のめる、みお、まいちゃんあたりは酷かったですから。

本の問題点ももちろんあります。

まず表紙選抜。しーちゃんやみおりんが入っていることを見ると、真剣に考えたものでないことは明らかです。前回圏外がなぜ選抜入りできるのか?圏外ということは組織力が弱い。組織力を強くするのが1年程度でできるわけがありません。また、あかりんやなこちゃんを入れているがどうか?私だったらこの部分はじゅり、かおたん、かとれな、こじまこを入れます。

それと本の後ろの方で著名人が予想をしていますが、春風亭小朝と岩本輝雄以外はじゅりを入れていません。劇場公演や握手会に行けばじゅり人気がいかにすごいかというのは身を持って知ることができるのです。じゅりを入れていない人は認識不足と言わざるを得ません。紅白選抜に引きずられてはいけません。じゅりのファンは意外におじさんが多いはずですから、お金をかけてきます。

なお、私の考えは、なぁちゃんが選抜に入るならじゅりは当然入る、ということです。

「サムネイル」公演開始 [AKB48グループ]

いよいよ始まりました。

私にとっては峯岸チルドレンが多数出演していることが嬉しい点です。

峯岸みなみさんの最大の功績は初代峯岸チーム4と2代目峯岸チーム4で多くの人気メンバーを育て上げたことです。岩立沙穂・岡田奈々・小嶋真子・向井地美音・村山彩希・茂木忍などがその代表格です。この点では指原莉乃さんにけっして劣らない活躍であったと言えましょう。

人気メンバーが多いので公演の抽選に当たることは極めて難しいと思いますが、応募してみるつもりです。

報道はこちらです。

こちらも。

前の10件 | - AKB48グループ ブログトップ