So-net無料ブログ作成

芥川 [雑感]

昔、ある男がとても手の届きそうもない女を何年も口説いて、ついに彼女の家から連れ出すことができた。要は駆け落ちである。

ふたりは芥川の河川敷を歩いていたが、女が草の上の露を見て「あれ、何? 真珠?」と聞いた。男は「何バカなこと言ってんだよ」と思ったがなにも答えなかった。

逃げる先はまだ遠い。夜も遅くなってしまった。しかも雷雨が襲ってきた。男は通りがかったところにあった掘っ立て小屋に女を隠して、自分はナイフを持って小屋の入り口で見張っていた。その当たりにはモンスターがいることも知らないで。

早く夜が明けてくれ、と男は願っていたが、スキを見てモンスターが小屋に侵入、女を一気に襲って食べてしまった。しかし雷の音で女の悲鳴も聞こえず男は気付かなかった。

男が小屋の中に行ったら女の姿がない。男はすべてを悟ったがもうどうすることも出来なかった。

「あいつが『あれ、何?』と聞いた時、『露だよ』と答えてオレも露みたいに消えちまえば良かったんだよ」


ああ、あの作品のパロディーだな、と思った人は文学に強い人です。パロディーと言っても現代風に置き換えただけですが。

それにしてもメチャクチャなストーリー展開だと思いませんか。原文ではモンスターではなく「鬼」ですけど。私はこれを読んで、福田雄一監督を思い出しました。映画「薔薇色のブー子」の最後のほうで、いきなり落ちてきた隕石に悪役が押しつぶされてハッピーエンドになるっていうやつです。

https://www.youtube.com/watch?v=sRT1f1jnIvo

でもこの映画は大コケした。なんでこの面白さがわからないかなー。

話が逸れました。

芥川というのはおそらく大阪府の芥川ではないかと思います。まあ、原作者は福田雄一監督みたいな感性で書いたのではないと思うけど。ほんとに誰がこの物語を書いたんでしょうね。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

那珂湊駅と山方宿駅に行ってきました [旅行・鉄道]

まず、ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅に行きました。

IMG_3152.jpg


IMG_3151.jpg


駅猫は見当たりませんでした。

IMG_3144.jpg


駅名標にも猫。

IMG_E3146.jpg


島式ホームからの様子です。

IMG_3147.jpg


IMG_3149.jpg


この鉄道は2015年に乗っているのですが、今回なぜわざわざここに行ったのかというと、これです。

https://twitter.com/hkt48_official_/status/981355329869918208

https://twitter.com/maichan_F_0921/status/981174259648118786

つい一週間ちょっと前に神が降臨したと思うと感無量です。聖地巡礼をする人の気持ちがわかりました。

さて、このあとは水郡線の山方宿駅に行きました。昔と違って国道118号線は随分道が良くなっていました。

駅舎はこれです。

IMG_3162.jpg


中には入れなかったので自転車置き場から線路を見ました。

IMG_3166.jpg


来客用駐車場の池の中にあるこの砂利は何でしょうか?バラスト?

IMG_3163.jpg


さて、駅の近く(とは言っても直線距離で近いだけで、結構遠回りが必要)に山方淡水魚館があるので入ってみました。

IMG_3178.jpg


IMG_3172.jpg


ここのハイライトは最初にあるオオサンショウウオかもしれません。バカでかくてびっくりしました。小さい展示館ですが、オオサンショウウオが何匹もいて、これを見るだけでも行く価値がありました。

IMG_3170.jpg



コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー