So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

私が好きなミュージシャンシリーズ Will Lee [音楽]

私は子供の頃からいろいろな音楽に親しんできました。そこで、私が好きなミュージシャンを紹介したいと思います。私が10代〜20代のときに20代〜30代だった演奏家が多いですから、多くはそれなりの年齢になっています。

今回はベーシストの Will Lee を取り上げます。私はジャズプレーヤーとして好きですが、いろいろなジャンルの音楽に参加している人です。

  公式サイトはこちら。(英語)

私が Lee を初めて聞いたのは Art Farmer の Crawl Space です。表題曲 Crawl Space や Farmer のオリジナル曲 Petite Bell で素晴らしいプレイを聞かせてくれています。

Lee のプレーの特徴は、まるで黒人のようなグルーヴ感あふれる演奏でしょう。私も初めて Lee の演奏を聞いた時、「これは黒人だな」と思ったくらいです。

もっとも、黒人と白人の演奏に違いがあるのか?という疑問に対しては、あるとも言えるし、ないとも言えるというのが私の考えです。これについては別な機会に書いてみたいと思います。

Will Lee はテキサス州出身で1952年生まれ。両親はミュージシャンでした。子供の頃にまずドラムを始め、その後ベースに転向。マイアミ大学ではホルンを勉強したあとベースを專門に学んでいます。その後は今日までセッションマンとして、またスタジオミュージシャンとしても引っ張りだこです。

実際の演奏を聴いてください。低音が出るようヘッドホンや外部スピーカーでお聴きになるとベターです。

Buddy Rich Big Band での The Chicken です。

  https://www.youtube.com/watch?v=ll2aNt5giVM

Will Lee と Steve Gadd の組み合わせ。解説はGaddの声。まだふたりとも若いです。途中でめっちゃ速いスラップが入ります。

  https://www.youtube.com/watch?v=pr-PerIbEpY

ベーシストにはなぜかボーカルが上手な人が多いですが、Leeもその例に漏れません。

  https://www.youtube.com/watch?v=rWFAMi2d-Tg
  https://www.youtube.com/watch?v=zSXwLv0vt3Q

ふたつめのほうは Chuck Loeb と Steve Gadd が参加しています。ギターソロは Loeb かも知れません。

これは矢野顕子と。

  https://www.youtube.com/watch?v=qKKYhZTes9w

なんだかボーカリストの紹介みたいになってしまいましたが。

これからも色々なミュージシャンを取り上げていきます。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント