So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

息栖神社に行ってきました [旅行・鉄道]

香取市息栖にある神社で、鹿島神宮・香取神宮と並んで東国三社に数えられています。

入口は何気ない感じなのですが、立派な参道が伸びていて深い奥行きがあります。

IMG_4239.jpg


IMG_4240.jpg


社殿になります。

IMG_4244.jpg


全体的な見取り図です。神社を正面に見てその背中側は常陸利根川です。このあたりは大正時代まで交通の要衝として栄えていたのです。

IMG_4241.jpg


そもそも関東地方は海が内陸まで入り込んでいました。とくにこの茨城南端・千葉東端には香取海が広がっていました。神社にあった古代の地図です。

IMG_4247.jpg


昔の関東は船で移動するには便利であったかもしれませんが、人が住んで農業を営むには不利な地形でした。日本の歴史始まって以来歴代の政権は、この住みにくい関東をなんとかしようと努力してきました。特に江戸時代になると人口が増加したため、食糧増産が急務となりました。塩水の海を干拓して農地化し、各地に新田ができました。このようにして水浸しの土地は減り、現在のような関東平野が完成していったのです。

当時の海の名残が現在の霞ヶ浦・印旛沼・手賀沼・牛久沼などです。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント