So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

東武佐野線に乗ってきました [旅行・鉄道]

本日乗ってきました。東武佐野線は館林から葛生までの22.1kmの路線です。もともとは葛生の石灰を運ぶ馬車鉄道でした。所要時間は35〜6分というところです。

まず佐野駅まで行き、JRから乗り換えました。佐野に来た電車で3両編成です。ここまでは乗客が座席を埋め尽くしていましたが、佐野でかなり降りてしまいました。11:30発車です。

2016123002.jpg


ルートは佐野の市街地を走った後、秋山川に沿った地域をゆっくりと登っていきます。

2016123003.jpg


田沼まではある程度乗客が乗っていましたが、彼らも降り、最後尾車両は私一人になりました。

2016123004.jpg


佐野厄除け大師の広告があります。

2016123005.jpg


終点に近づくと周囲の景色は少し登山鉄道のような趣があります。佐野から16分で葛生に到着しました。

2016123006.jpg


葛生の駅舎です。売店などはなく、簡素な作りです。

2016123008.jpg


ホームから列車の終点の方向を見たところです。昔はここから山奥の石灰石採掘現場まで線路が続いていました。

2016123009.jpg


駅前です。見たところ商店などはありませんが、少し歩くと県道123号線沿いの繁華街があります。国道は293号線があります(日立市と足利市を結ぶ)。史跡としては願成寺の佐野源左衛門の墓があります。

2016123010.jpg


【佐野源左衛門常世さのげんざえもんつねよの話】
室町時代の話です。ある冬の夜、上野の国佐野で旅の僧が民家に宿を求めました。家の主人である常世はこの僧を哀れに思い、泊めることにしました。しかし貧しいため暖を取るための薪も尽きてしまいます。常世は大切にしていた盆栽を切って囲炉裏にくべました。僧が常世に身の上を尋ねると
「私は一族の裏切りにあって今はこのように落ちぶれていますが、武士です。もしも鎌倉からお呼びがかかれば、何があっても一番に駆けつけるつもりです」
と答えました。春になり、幕府から一大事が起こったと武士たちに召集がかかりました。もちろん常世も痩せ馬に乗りみすぼらしい武具をつけて鎌倉に馳せ参じました。そこで名を呼ばれて進み出た常世の前にいたのはあの旅の僧だったのです。それこそが前執権の北条時頼でした。
「おまえの土地が一族に奪われたとのことだったが、調べたところおまえの言うことが正しいとがわかった。もとの領地を返してやろう」
そればかりか、褒美として加賀、越中、上野の領地も新たにもらい、常世は大喜びで故郷の佐野に帰りました。

駅のすぐ近くにあったラーメン屋、あずま。ちょうどお昼なので食べようかとも思いましたが、次の列車に乗れるまで1時間も吹きっ晒の中で待たなければなりません。諦めて、帰りの列車に乗りました。

2016123011.jpg


来たときと同じ車両で館林へ。佐野ー館林間は田園地帯と住宅地を走りました。これで東武佐野線を完乗しました。

2016123012.jpg


館林の駅舎です。

2016123013.jpg


栃木県内の鉄道に完乗しました [旅行・鉄道]

前回の続きです。館林から太田まで行きます。この区間は東武伊勢崎線が足利市を通っており、ここに乗ると栃木県の鉄道にすべて乗ったことになるのです。各駅停車に乗りました。何とここからは単線になっているのです。

2016123016.jpg


太田駅です。駅舎は新しいのですが駅とその周りは非常に閑散としています。もう少し歩けば色々あるのでしょうが....

2016123017.jpg


まだオープンしていない駅前の施設です。なんの施設かはわかりません。

2016123018.jpg


ここからは浅草に向かいます。太田から上りの各駅停車に乗り、館林で乗り換え。久喜から中央林間行きに乗りました。これはその電車です。

2016123019.jpg


浅草到着の直前です。隅田川を渡るといわゆる「ウン◯ビル」が見えます(スーパードライホール)。

2016123020.jpg


浅草から銀座線に乗りました。

2016123021.jpg


秋葉原です。とにかく人が多い。横断歩道の向こう側に注目。単に年末ということだけでなく、コミケ帰りの人が多いと思われます。アニメイトなどとても入れませんでした(入れても落ち着いて商品を見るのは不可能)。

2016123022.jpg


秋葉原はそこに行くだけで気分が落ち着きます。私が最初に来たのは中学2年ごろでした。それ以来通い続けています。心のふるさとと言えましょう。来年も秋葉原のお世話になります。

2016123023.jpg


まいちゃん入れず [AKB48グループ]

残念な結果となりました。

投票しましたよ、私も。家族などにも頼んで。

HKT48の顔ぶれを見ると、まあしょうがないかな、という感じです。

今回は金にものを言わせて、ということができなかったので、ファンに金持ちが多い人は不利だったのではないかと思います。するとまいちゃんのファンは金持ちが多い??? 握手会の列はおとなしい人が多い印象です。

まいちゃんは総選挙でもスタートダッシュが速い。しかしファンが息切れしてしまう。生誕Tシャツなどもすぐ売り切れますからね。

今の時点ではまだSNSに本人からのコメントはありません。私も755にお詫びの言葉は書き込んでおきました。新年の写真会でも謝ってこようと思います。

ま、こんな企画ないほうが良いというのが本音ですけど。NHK自体も何とかならないかな。

4期生お試しメール [AKB48グループ]

ここ1週間あまりはめちゃくちゃ体調が悪く、現在に至っても苦痛が強いままです。12月18日に急性腸炎となり、それが十分回復しないうちに急性気管支炎を起こして現在に至っています。その一方年末で仕事がバリ忙しく、本当に死にそうです。

さて、現在、HKT48の4期研究生の無料配信メールを受信しています。10名全部です。毎日おびただしい数のメールが送られてくるので読むのが大変です。でも、みんなメールでの表現が上手ですね。よく研究しているという印象です。もかちゃん、あき、あまちゃん、ねねちゃんあたりが印象に残ります。 4期生は美人揃いなのでルックスが注目されがちですが、おそらくさっしーは「それだけではだめだよ」と教育しているのだと思います。

2016122701.jpg


いままで私が取っているメールの中で特に素晴らしいのはやはりまいちゃんとなぁちゃんです。文章も良い。写真も美しい。とくにまいちゃんのものはレベルが高いのです。