So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日大アメフト部の事件 [雑感]

もう日大の言い訳はメチャクチャですな。

映像が出ているのに。

監督は懲戒免職。学生は退学。そして両者とも刑事処分を受けてもらう。そのあたりが常識的なやりかたです。もちろん学長も退職すべき。退職金はなしね。

被害者はなるべく早く被害を司法に届け出たほうが良い。加害者が失職なり退学なりしたあとだと「社会的制裁を受けた」とか言われて罪を軽くされてしまう恐れがあります。

私としては日大は解体でいいと思います。三流の人間しかいない大学。ああいう言い訳する。嘘をつくとバレたときにもっとまずくなるということすらわかっていない。そのような指導者がいるということは大学の体をなしていない。医学部も、法学部も、芸術学部も、全部解体。

そもそも大学とは学問をするところであり、エリートを養成する場所。スポーツをするところではない。日本には要らない大学が増えすぎました。1960年代、小林秀雄は日本の現状について「学校を増やしすぎたバチが当たったんだ」と喝破しています。

これは氷山の一角でしょう。ほかの運動部はもっとひどいことやってそう。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

過払い金ビジネスの次は [雑感]

ひところ、過払い金請求ビジネスの宣伝が盛んに行われていました。まあ、今もですが。しかしその件数も減ってきたようで、過払い金ビジネスで利益を得ていた人々は別な仕事を探しているようです。

先日損害保険会社のかたと話をする機会が会ったのですが、その中で

「これからは使用者賠償が盛んになってきますよ」

という話が出ました。要するに社員がセクハラなどの不始末をやらかしたときの保険があって、加入者も増えているというのです。

これに関連してちょっと気になったのが最近報道されている強制不妊の問題です。

私が観察してきたところでは、強制不妊が取り上げられる前にまずハンセン病の隔離施設の話が伝えられていた時期がありました。それが下火になった頃に強制不妊の報道が出てきたように思うのです。

隔離施設や強制不妊ははるか昔の話。それがなぜ今頃蒸し返されるのか?

慰安婦問題と同じようにそれをビジネスにしようとしている人たちがいる、と考えると辻褄が合います。それは保険会社ではなく、法律の専門家たちでしょう。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー